2017年12月04日

相撲界の暴力体質と獣医界の詐欺体質は同根だ! 公益法人の組織ぐるみの隠蔽体質! 人権も犬の命も後回し! 収益最優先体質!

相撲界の心技体にはウソが隠されている。その心は暴力・暴行を容認している。
獣医界がワクチンは安全だと言っているに似ている。
両方共に真っ赤なウソだ。国民をだましている。

 今回の随想は相撲界の暴力体質を主体に取り上げるので、獣医界の詐欺体質の問題の詳細はこの随想の後半部分に記述する。

 日本獣医師会と日本相撲協会は日本政府のお墨付きを得ている公益法人だ。
その公益法人が詐欺商売で愛犬家の国民をだましたり、人権無視の暴力をふるって犯罪行為をして社会を騒がしている。公益法人の悪事という点では同根だ。

 公益法人なら悪事は行わないだろうと思い込んでいるお人好しに注意を喚起するために、あえて相撲界の暴行事件をブログ「愛犬問題」に取り上げることにした。
つまり、国のお墨付きがある巨悪ほど白昼堂々と跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)して国民をだましている。
ご自分の頭で他の何かの問題について考えるときの一助ともなれば幸いだ。

 ブログ「愛犬問題」の開設者は相撲を見るのが大好きだ。
若い頃は柔道に熱中して選手に選ばれた時期もあるので、格闘技は大好きだ。
テレビの相撲は必ず見ることにしていた。日本の国技の相撲が国際化して、モンゴル出身の力士が大活躍していることを喜んでいた。

 ところが、また、相撲界の暴力事件が発覚した。またか、という思いだ。
相撲界の暴力・暴行体質は治ってなかったのだと残念な思いだ。
今度こそ徹底的に改革する必要があることを痛感している。

 相撲協会の理事長はじめ、トップクラスの人たちの意識改革が不可欠だ。
言い換えると、日馬富士が引退しただけで済む問題ではない
今回の暴行事件を起こしたことに責任のある理事達は全員辞任すべきだろう。

 カビの生えたような古い頭では徹底的な改革は出来ない。
今回の暴力事件から透けて見えてくるのは相撲協会の隠蔽体質だ。
日馬富士の暴力事件を覆い隠そうと懸命になっていることが透けて見える。

 現在の日本社会では体罰はいかなる理由があっても厳禁だ。犯罪だ。
ところが、その日本に体罰や暴行が当たり前のように行われている巨大組織がある。相撲界だ。

 日馬富士は暴行発覚直後に、「相撲を続けていきたい」と発言している。社会良識が欠落している発言だと思っていた。
だから、日馬富士の引退会見には興味があった。

 その日馬富士の引退会見をテレビで見て唖然とした。
犯罪である暴行を正当化した言い訳の会見だった。
加害者である日馬富士からも、その親方の伊勢ケ浜親方からも被害者への謝罪の言葉は一言もなかった。正しいことをしたのに引退に追い込まれたのは悔しくてたまらないと涙まで流してるように見えた。お涙ちょうだいの言い訳会見だった。
何かが狂っている引退会見だった。これが日本の相撲界の現状かと情けなくなった。

 私は何処にでもいる単なる相撲好きの白髪の老骨だ。
テレビの相撲は欠かさずに見てきた。
日馬富士やその親方の言い訳にもやもやとしたやり場のない思いが胸に残った。

 そのやり場のない思いをネット上にアップすることにした。
一つだけ心の救いになったのは貴乃花親方のとった行動だ。
泥沼に一輪の蓮の花を見る思いだ。
貴乃花親方が一人で悪者になって巨悪と戦っていることの賛同できるから、ブログ「愛犬問題」に独立の随想を書くことにした。

 私もブログ「愛犬問題」を使って獣医界の巨悪と一人で戦っている。
貴乃花親方が無言であっても、その心情は私には十分に理解できる。
孤立無援で巨悪と戦うには信念と勇気が不可欠だ。
利害損得や毀誉褒貶(きよほうえん)は念頭にない。

 ただし、わたしにはブログ「愛犬問題」の多くの愛読者いる。
貴乃花親方にも多くの国民の相撲愛好者がいることは確かだ。

 相撲界は「かわいがり」という美名の下で暴行を行っている暴力集団だ。
暴力は犯罪だ。そのことを理解してない団体は反社会的な集団だ。
今回の日馬富士の暴力事件で、その反社会的な蛮行が白日の下に晒された。

 相撲協会は暴行が発覚しないようにもみ消し工作をするのが慣例化していると見ている。つまり、相撲協会の会員は皆、暴行が発覚しないようにまあまと穏便にすませるのが義務であるかのように信じ込まされている。
 言い換えると、相撲協会は、その組織内にいまだに暴力・暴行体質があることを国民に隠している。相撲協会の隠蔽体質は日本の相撲愛好者の国民にとっては迷惑千万な体質だ。公益法人としてはあってはならない悪行だ。

 相撲協会は、ここ二十年ほどの期間に指導の名の下の死亡(殺人)事件暴行事件八百長事件を起こしているいわく付きの団体だ。
つまり、相撲界で不祥事が起こるともみ消し口裏合わせをしてきた隠蔽体質のある公益団体だ。
だから、今回の暴行事件が起こると、それを隠そうとしたり、封じ込めようとするとする力が働くのは相撲界としては自然な成り行きだろう。
 だが、それは国民を欺く犯罪だ。
相撲協会には、暴力そのものが愚行であるだけでなく、その存在を隠すことも犯罪だという認識が欠如している。社会良識が欠落している。

 貴乃花親方は、ご自身の正義感から相撲界の隠蔽体質には我慢ができなくなっていたのではないか。相撲の心技体とはどうあるべきかを真剣に考えていらっしゃるように思える。

 日馬富士の暴行事件と社会良識の欠如 
日馬富士は、自分が暴行した相手に謝ってない
相手の態度が悪かったので、「指導」で殴ったのだと言い訳に終始している。
弟弟子が礼儀と礼節がなっていない時に、それを正し、直し、教えてあげるのは先輩としての義務だと思っています」と、暴行した理由を説明している。
しかし、その殴った相手は自分の弟弟子ではない。対戦相手の相撲部屋の力士だ。
つまり、相撲の競争相手だ。
指導とは詭弁だ。屁理屈以前のごまかしの言葉だ。論理的にもおかしい。
言い逃れの説明だ。尊大傲慢な輩の責任無視の言動だ。

 日馬富士と同時に会見した伊勢ケ浜親方も理解しがたい行動をしている。涙を流している。お涙ちょうだいの芝居をする場所ではあるまいと思った。
それとも、悔し涙か。
そのいずれにしろ、被害者の貴ノ岩への謝罪の言葉はなかった
暴力や暴行を正当化する風潮が現在もなお、相撲協会には根強くはびこってるのかと疑いたくなった。

 白鵬が貴ノ岩を説教しているときに、スマートフォンの着信音があって、貴ノ岩がその対応をしていると、日馬富士が無礼な態度だと言って殴り始めたとのこと。そんな些細なことで暴力を振るっている。まるで街の与太者の蛮行だ。
一種の集団リンチだ。そこにはモンゴル出身の現役横綱が3人もいた。
ずば抜けた腕力のある怖い暴力集団だ。

 その白鵬は、日馬富士の暴行を止めたと発言しているが、ウソだ。
日馬富士は、貴ノ岩を素手で50〜60回殴り、2kgほどもあるカラオケ用リモコンで数回も殴って医療用ホチキスで9針も縫うほどの大怪我をさせている。当然流血する。

 白鵬が言う「私は日馬富士の暴行を止めた」というのは、どの時点だ。流血してから止めたのであれば、責任逃れのでまかせのウソだ。
白鵬は、貴ノ岩を無礼な奴だ、もっと殴れと傍観していたのが事実ではないのか。
警察は白鵬から7時間半も事情聴取をしている。そのウソを解明するために異常な長時間を要したのではないのか。

 その白鵬は、九州場所千秋楽の優勝インタビューで「日馬富士関と貴ノ岩関を再び、この土俵に上げてあげたい」と言い、観客に万歳も要求した。社会良識が欠落している。見苦しい愚行だ。

 日馬富士は完全に社会良識が欠落している。一種の精神疾患者だ。少なくとも暴行中は気が狂っていた。
そのような異常な精神状態が相撲界全体に隠然と蔓延しているのではないかと思うと恐ろしくなる。
 精神疾患者が演じる格闘技を喜んでみていたのだと思うと、自分自身がだまされたようで情けなくなる。
事件後の相撲は面白いどころか、見ると不愉快になる。
今後は白鵬が映るテレビは直ぐにチャンネルを切り替えることになるだろう。

 暴行は反社会的な愚行だ。日本社会では許されない蛮行だ。
 なのに、テレビ新聞雑誌の中には、日馬富士の暴行や暴行事件を起こした相撲界を擁護するような報道がある。
元NHKアナウンサーの杉山 邦博は、その相撲界の擁護の発言を繰り返した。
社会良識を喪失している卑劣な発言だった。
一言でいうと、暴行容認論、もしくは暴行擁護論だ。
その男は東京相撲記者クラブ会友に所属しているので、相撲界の不祥事を隠蔽しようと努力しているのだろう。相撲協会から感謝状でももらうつもりかと、情けなく思った。
物知り顔で、暴行の慣習や必要性について長々と話していた。
相撲愛好家の一人としては、ありがた迷惑な愚劣発言だった。

 そのような長いものには巻かれろ式の考えを持った人が相撲協会に迎合している。そのような近視眼的で自己利益誘導型の人がテレビに出てきて、大きな顔をしてコメンテーターを務めているから、相撲界の暴行体質は一掃できないのだ。
他にもそのような風見鶏(かざみどり)のような日和見(ひょりみ)主義者が大勢る。相撲愛好家の天敵みたい連中だ。

 貴乃花親方が「警察に事件の捜査を任せている」ことは日本国民として正しい選択だ。
なぜ、相撲協会は警察の捜査の結果を待てないのだ。
その相撲協会が被害者に圧力をかけて、事件をもみ消そうと焦っているのが透けて見える。
協会関係者の加害者を擁護するような発言が多々ある。
死亡や暴行事件を何度も起こしている相撲協会の隠蔽体質が見え隠れしている。

 貴乃花親方の正義感に大賛成だ。
つまり、相撲協会の不正を正し、浄化することに賛成だ。

 モンゴル出身の横綱が二人も暴行事件を起こして引退に追い込まれている。
今後、モンゴル会の活動を許すか、許さないかも重要な問題だ。
白鵬が仕切っている暴力集団だ。
放任できないだろう。
貴乃花親方は今後は一切認めないだろ。少なくともご自分の弟子には。

 モンゴル会の暴行文化の日本への侵入を看過すると、日本の国技である大相撲が衰退することになる。
日本の相撲愛好者としては決して許せることではない。
歴史上、二度の蒙古襲来(文永・弘安の役)は幸いにも神風で防いだが、モンゴル会の理不尽な活動は日本国民の知恵で防ぐしかない。相撲協会に任せてもダメだ。暴行事件を防げなかった張本人だからだ。

 暴行文化の襲来を防ぐには国民参加の英知が必要だ。
暴行体質がはびこったままの相撲は見ないという意思表示方法も有効だ。
また、白鵬のCMがある商品は買わないことも良いことだ。
相撲愛好家でない人も含め、皆でボイコット(不買運動)を始めるのだ。
ハイ。

 追加補足

 警察は日馬富士を傷害の疑いで書類送検する方針だ。
その前に、日馬富士は関係者の聞き取り調査の終了後に10時間再度聴取を受けている。関係者の聞き取り調査の結果と一致しない点を明確にするための再聴取だったのだろう。

 横綱白鵬が「貴乃花巡業部長のもとでは冬巡業に参加できない」との反対意見を出したために貴乃花親方は九州巡業には行かせないことを相撲協会が決定してる。力士の一人の過ぎない横綱の反対で相撲協会の運営に影響を与えている。
前例のない異常な決定だ。
今後はモンゴル会の意向で相撲協会が動くようになるのか。憂慮すべきことだ。


 これ以降は獣医界の詐欺商法に関する記述だ。

 日本の獣医界が白衣の詐欺集団であることをブログ「愛犬問題」に書き綴って12年以上になる。その随想の数は1,000編以上になる。その大半が獣医界の悪行を糾弾した随想だ。

日本の獣医界は日本獣医師会を頂点として各都道府県の獣医師会が中心になって詐欺商売で巨益を挙げている悪徳集団だ。

 その一例が狂犬病ワクチンだ。
狂犬病が根絶した我が国には科学的にも社会的にも不要な薬剤だ。獣医界と製薬業界が儲けるためだけの理由で、愛犬家の国民に騙し売りしている。
その詐欺商法に国公立や私立の獣医大学や学部の教授連が荷担している。
詐欺商法の指南役になっている。国民を愚弄した恥知らずのバカ学者の連中だ。
その連中は物事の真実を科学的に解明する義務を放棄している。

 今回の随想では、獣医界の詐欺商売の氷山の一角として、二つの随想だけを例示する。

 獣医界の五大詐欺商法!犬の天敵の悪業! 狂犬病注射と避妊去勢手術は特に有害だ!

 獣医大学や学部は詐欺師の養成学校だ! 非科学的なウソの講義で学生を洗脳!



 ← トップページへ  ボクの頭をなでてワン!



    

 愛犬の正しい飼い方! 自然流で健康長寿!
      獣医のワクチンや薬剤、避妊去勢は無用!

ニックネーム paroowner at 11:20| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

犬とキスすると人が胃癌に? 落ちこぼれた三流学者の妄想虚説!杞憂だ! ヘリコバクター・ハイルマニイ菌

犬とキスをすると、その唾液に含まれているヘリコバクター・ハイルマニイ菌が人に感染して胃癌になる。そのネット記事に疑念を抱いた愛犬家の投稿があった。
下段にその投稿文の主要部を掲載してある。

 早速ヘリコバクター・ハイルマニイ菌についてネットを調査した。
その記事が沢山ある。その殆どの記述がいかにも現実味がありそうに書いてある。
しかし、科学的な根拠は全く示してない。妄想の類いだ。
無名な三流研究者が売名行為のために世の中の注目を引くようにお騒がせな説をでっち上げたものだ。論理的な思考能力が欠落した者が空想で案出した仮説だ。
言い換えると、落ちこぼれた三流学者のなれの果ての愚説だ。いや虚説だ。ウソやデマの類いだ。

 犬や猫とキスしている人は地球上に過去に何十億人もいたし、今後も何十億人の人がキスをするだろう。そのキスで人が死亡したいう信頼できる報道はない。
 また、犬や猫の排泄物からヘリコバクター・ハイルマニイ菌が人に感染して、もし、その人を慢性胃炎や胃癌にするなら、人は歴史上何万年も犬や猫と仲良く共存出来なかった筈だ。

 つまり、ハイルマニイ菌感染説を振り回している連中は人と犬との何万年、何十万年の歴史の重さを理解してない軽佻浮薄な連中だ。
細菌学の分野で一流の学者になれなかった三流研究者だ。
一言でいうと、落ちこぼれ学者だ。
世の中の為になるような重要な研究テーマを探せない連中だ。
優秀な学者が見向きもしないような、重箱の隅をつつくようなテーマしか探せない情けない連中だ。
 その落ち穂拾いのようなしがない研究の成果については世の中から評価されないので、自分の存在を世の中に知らせるためにとんでもない強迫行為までしている。
愛犬家の国民に向かって、あなたは「犬から感染して癌で死ぬと脅している」のだから、明らかな強迫行為だ。一種の犯罪だ。脅迫犯だ。悪質だ。

 誇大広告が犯罪であるように、他人の生死に関わることを針小棒大に取り上げて、しかも、科学的な根拠も示さずにネット上に公表するのは悪質な犯罪だ。
まともな社会良識のある人のすることではない。
言い換えると、恥知らずだ。人間は恥を知らなくなったらお仕舞いだ。
その虚説者の精神状態は振り込め詐欺師と同程度だ。詐欺犯罪者の心理と同じだ。

 ヘリコバクター・ハイルマニイ菌がの胃の中にいることが発見されたのは約30年前の1987年だ。(実際は人類誕生と同時にいたかもしれない。)
ハイルマニイ菌がの胃に70〜80%の割合で定着しているのは確かのようだ。
と言うことは、ハイルマニイ菌は犬の癌の発生原因にはならないと言うことだ。
胃癌で死亡する犬の数は極小だ。老衰で死亡する犬の数のほうがはるかに多い。

 なのに、人はハイルマニイ菌で癌を発生するのか。そして、その保菌者はその癌で皆死亡しているのか。してないだろう。
しかも、ハイルマニイ菌が犬から人へ感染したという信頼できるデータはネット上にはない。実際にもないだろう。
あるというなら、裁判所にも提出できる信頼性のあるデーターの提示を求める。

 蛇足だが、昔はエイズはキスで感染すると広く流布されていた。
しかし、実際はエイズはキスでは感染しない。今では周知の事実だ。

 ヘリコバクター・ハイルマニイ菌はヘリコバクター・ピロリ菌と同じ系統の菌種だ。そのピロリ菌の感染率は日本人の場合、男女平均で約36%だ。
そのピロリ菌は胃炎や胃癌を引き起こすこともあるので、その保菌の有無を検査して、出来れば駆除したほうがよいと医療関係者は勧めている。
(私は、その勧めには乗らない。ピロリ菌を退治しても完璧な癌予防にはならない。癌の発生原因は沢山あるからだ。つまり、気休めの過剰診療だ。ハイ。)

 一方、ヘリコバクター・ハイルマニイ菌の人の感染率は0,37%と極端に低い。人のピロリ菌感染率の100分の一程度だ。
言い換えると、ハイルマニイ菌の保菌者は1,000人中4人弱だ。
ハイルマニイ菌の人の保菌者は殆どいないのだ。
と言うことは、胃癌死亡者のうちにハイルマニイ菌性胃癌死亡者は果たして何人いたのか。無限にゼロに近い割合ではないのか。

 その無限にゼロに近い割合のハイルマニイ菌性胃癌の発生防止を名目に、人と犬とのキスを持ち出してくる輩はまともな社会良識のなる人間ではない。
「万が一」という言葉があるが、人犬キス発癌説は「億が一」、「兆の一」の話だ。あるいは、「京が一」の話だ。
世の中をお騒がせして喜んでいる愚人の妄想だ。悪質な空論だ。

 人の癌と犬との関係で重要な事実は、人の保菌者のハイルマニイ菌が犬から感染したものであるという科学的な証拠は示されてないことだ。
また、その感染経路も明らかにされてない。エイズと同じようにキスでは感染しないかもしれない。
もしキスで感染するなら、犬とのキスだけでなく、人同士のキスで人のハイルマニイ菌の感染率はもっと大きな数値になる筈だ。
保菌者でキスをする夫婦は両方とも保菌者か。違うだろう。
違うなら、キスでは感染しないのだ。
それとも、人同士は感染しないが、人と犬では感染するとでも言うのか。
そのことを立証する科学的なデータは何処にもない。
キス感染説は妄想癖のある三流学者の愚劣で悪質な妄想だ。
愛犬家の国民にとって迷惑千万だ。
 
 論理的な思考能力のない人は研究者失格だ。
人犬キス感染論者は、一人残らず転職して宅配の運転手か、建設工事現場の労働者になったほうが世の中のためになる。人手不足で困っているとのことだ。
能力に釣り合ってない研究の仕事にしがみついているよりも、能力に応じて肉体労働の仕事をすることのほうが順当だ。そのほうが社会に貢献できる。
他人に無用な迷惑をかけないで済む。
心が腐っている輩だと軽蔑もされない。

 まとめ 

人犬キス感染説は落ちこぼれ学者の妄想だ。
科学的な根拠(エビデンス)は全く示してない。
天が崩れ落ちてきて人が圧死するのではないかと心配することを杞憂と言う。
無用な心配、取り越し苦労のことだ。
 人犬キス感染説はまさに杞憂の虚説だ。ハイ。

 ヘリコバクター・ハイルマニイ菌は犬から人に感染するという説に疑念の投稿が下段の関連随想のNo1のコメント欄にあった。その主要部を採用掲載する。

 

   犬から人に感染? 癌に?    投稿者:愛犬仙人 さん

犬の唾液からヘリコバクター・ハイルマニイに感染し、人が胃癌になるという内容の記事はよく見かけます。何をどこまで真に受けていいものやら。

ピロリ菌の次はハイルマニイ菌ですかね。
犬を飼うと、飼い主は胃癌になるリスクが急上昇という事ですかね!?
胃癌になる人の殆どが犬を飼っているというような内容の記事もあります。

自らの調査能力の貧弱さを痛感し、真偽不明のネット記事の多さに呆然とするばかりです。



  返事    投句者:Paroowner

愛犬仙人さん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

ヘリコバクター・ハイルマニイ菌ですか。
無名な落ちこぼれの三流学者が売名行為で騒いでいるのでしょうね。
犬に関しては、そのような愚説虚説がいろいろと流布されています。

 例えば、狂犬病が根絶した清浄国である我が国には狂犬病が侵入して蔓延することは科学的にも社会的にもあり得ないのに、獣医界ぐるみで犬に狂犬病注射を強要しているのと同じことなのです
つまり、日本の獣医界にはびこっているいろんな愚説虚説の根源は、実は根は一つなのです。獣医界全体が詐欺根性と言うどす黒い根でつながっているのです。
獣医大学の教授連も皆一人残さず、その心が詐欺根性で汚染されているのです。
つまり、国民をだまして獣医界が儲けることが当たり前になっているのです。
ヘリコバクター・ハイルマニイ菌問題一つを見ても獣医界の低俗下劣ぶりが透けて見えますね。

パスツレラ病やカプノサイトファーガ症についても昔はテレビでも騒いでいました。それを糾弾した随想が下段の関連随想集にあります。しっかり知識武装をして愛犬を間違っている風説風評から守ってください。
愛犬を守れるのは飼い主のあなただけですからね。



 関連随想集

 犬とキスすると死んでしまう」とテレビ朝日で虚言!詐欺根性の化身! 獣医学博士で大学教授!

  犬のカプノサイトファーガ症を煽るテレビ朝日! ビートたけしの迷惑千万な低俗愚劣番組!

 パシツレラ病に関する随想集

 ← トップページへ  ボクの頭をなでてワン!


上段はBohemia/ボヘミア(チェコ)クリスタルガラス花瓶を転用した手作り照明
      (ガラスは透明、ティファニーブルーのLED電球を使用)
下段はElbe/エルベ(ドイツ)のクリスタルガラス花瓶を転用した照明    
     (ガラスの色部分は濃青色・ダークブルー、電球色LEDを使用)
 愛犬の正しい飼い方! 自然流で健康長寿!
      獣医のワクチンや薬剤、避妊去勢は無用!

 数年前の写真集 → ノーリードのパピヨンの写真集
ニックネーム paroowner at 13:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

ドッグフード・ホリスティックレセピーの評価は原料偽装の詐欺商品! 人の食品に向かないゴミの塊!

アメリカのドッグフード業界は自動車も含め各種商品の品質を評価する民間会社からブラック業界だと 厳しい評価を下されている。 不良業界の烙印を押されてドッグフードの品質は信用してはいけないと公表されている。

 ホリスティックレセピーは日本でも販売されているアメリカ製ドッグフードだが、英文ではネットを検索しても出てこない。
Holistic Recipeとは「全体的な料理の作り方」のことなので、「Dog food Holistic Recipe」をキーワードにして検索すると、犬の手作り食事のレシピが沢山でてきて、その会社を特定することが出来ない。おかしい。

 一般的に言うと、自分の会社が販売している商品が正常な良い商品なら、自分の会社の名前が出来るだけネット検索の上位に表示されるように会社名をつけるのが一般通念であり、社会良識だ。
なのに、Holistic Recipe名でドッグフードを販売しているアメリカの会社は、世の中に自分の会社だけでなく、そのドッグフードの原料名さえ知られないように隠蔽工作をしている。いかがわしい会社だ。詐欺会社だ。

 人の食品は、その原料が何であって、どんな品質かを公表するのは一般常識であるだけでなく、法律でその原料の公表義務が課されている。
しかし、ドッグフードについてはアメリカも日本もその原料が何であるかは公表しなくても良いような法律になっている。
だから、そのドッグフードメーカーも原料を隠蔽しているのだろう。
 それとも、Holistic Recipe名のドッグフードは、日本や中国も含め、英語圏以外の国で製造しているドッグフードではないかとの疑念もわいてくる。
いずれにしろ、ホリスティックレセピー名のドッグフードはまともな商品ではない。正体不明のいかがわしい商品だ。

 日本でのその販売業者は、その原料はラムまたはチキンだといっているが、なぜ、アメリカでラムまたはチキンを原料にしているかについては何の記述もない。
アメリカは牛の畜産大国だ。その産業廃棄物を原料にするのが順当だ。

 Holistic Recipeの原料はラムやチキンも、実は肉ではなく、肉骨粉が主原料だと日本の別のサイトの記事にある。その記事の方が信憑性が高い。
肉骨粉とは、人の食品に向かない畜産廃棄物を高温高圧処理をして粉末にしたものだ。肉骨粉の用途は肥料とドッグフードだ。人の食品になる家畜の飼料には使用が禁止されている。人のBSE(狂牛病)感染防止の為だ。

 犬がBSEに感染しても日本人は犬を食べないから人にとっては安全だとのこと。
つまり、ドッグフードは肉骨粉の捨て場所だ。犬にとっては迷惑千万だ。
詳細は12年前に書いた次の随想にある。肉とは肉骨粉等だね!ドッグフード君!

 アメリカのドッグフードの原料は4Dだと10年以上も前に暴露されている。現在も同じだろう。 
4Dとは、Dead(死んだ)、Dying(死にかけた)、Diseased(病気の)、Disabled(障害のある)の頭文字だ。
すなわち、人の食品に向かない畜産廃棄物をドッグフ−ドの原料にしている。 

 驚愕の事実が更に記述されている。
コンパニオン・アニマルもドッグフードの原料となっている。コンパニオン・アニマルとは愛玩動物のことであり、犬や猫も含まれる。
保健所等で薬物死された犬、動物園の病死、老衰死動物、さらに、道路上の轢死動物などがドッグフードメーカーに送られる。
アメリカの各州では公然と行われている、即ち、法律では規制してないとのこと。
その事実は12年前にブログ「愛犬問題」の次の随想で公表した。
犬が犬を食う共食いのドッグフード!?

  また、別のサイトにはアメリカのドッグフードは次の原料だと暴露してある。

屠殺場の廃棄物 : 器官、頭部、蹄、嘴、足
穀物の不合格品 : トウモロコシの穂軸や葉柄、ミル工場清掃物、異物混入穀物
動物の死骸   : 病死した動物や不要となった農場の動物
轢死した動物  : 鹿、スカンク、アライグマ

蒸留酒製造業の廃棄物
腐敗したスパーマーケットの廃棄物
動物園で死んだ動物
レストランの廃油

安楽死した犬や猫の死骸

詳細はドッグフード原料のショッキングな事実! ゴミだ! アメリカの暴露記事を翻訳紹介にある。

 ドッグフードに関する法律が日本には一つだけある。
略称でペットフード安全法と言う。
しかし、その実態はペットフード毒物混入防止法だ。
アメリカでドッグフードによる犬の大量死が社会問題になったので、日本もあわてて作った法律だ。
つまり、日本でドッグフードを食べて犬が大量に死亡するような事件が起きたら、その原因を調査するという法律だ。
そのような大事件が起きない限り、ドッグフードの原材料は誰も調査しないと定めている法律だ。
つまり、ドッグフードの原料は人の食品に適しないゴミでも良いのだ。

 補足 実際にアメリカではドッグフードで犬が大量死した事件が私の知る限りでは少なくとも2件ある。

 ドッグフードの高級ビーフに安楽死薬!愛犬急死!ペントバルビタール混入! 米国で大騒ぎに!

 ペットフードで犬が大量死! FDA発表! 中国産原料! 日本の犬は死んでないか?

 日本にはドッグフードによる犬の死亡事故がないのではなく、日本政府にその死亡事故を国民の愛犬家が報告する制度さえないのが現状だ。
農林水産省は国民の幸せを守るのではなく、業者の利益を守るのが基本方針だ。
ドッグフード業者に不都合なことは闇から闇に葬られている。国民無視の行政だ。
アメリカはFDA(食品医薬品局)が受け付けて国民の愛犬家を保護している。

  重要な補足
 ドッグフードにはエトキシキンという猛毒の防腐剤が混入されている。
エトキシキンは人の食品には添加が禁止されている。人にも犬にも有害な薬剤だ。
言い換えると、ペットフード安全法は見せかけのまやかしの法律だ。
ドッグフードに毒物を添加することを認めているからだ。ハイ。
詳細は、ペットフードの酸化防止剤は人の食品には添加禁止品! エトキシキンはアレルギーや癌などを誘発!にある。

 ドッグフードにエトキシキンの添加を認可している農林水産省は犬の健康を犠牲にして、ドッグフードが腐らないようにドッグフード業者の利益を守っている。
つまり、あなたの愛犬もわが家のパロも農水省には守ってもらってない。
なぜか? あなたも私もお役人に賄賂接待付け届けをしてないからだ。ハイ。

 ドッグフードの原料はその会社の社長や特定の社員しか知らない。
その社長が妄想で我が社のドッグフードの原料は良質の新鮮な肉が原料だと宣伝広告しても、その真偽は誰も調べない。妄想の宣伝広告が当たり前になっている。
ドッグフードが総合栄養食というのは真っ赤なウソだ。
多くの超一流ホテルの牛肉さえ品質偽装が暴露されたことのある日本だ。
法律で厳しく規制しているのにだ。詳細は次の随想にある。
ドッグフード原料の肉とは、ほんとは何だ? 有名ホテルや一流百貨店さえ食材偽装だらけ

 法律の取り締まりのないドッグフードの品質は偽装されていると見て良い。それが社会良識のある人の正しい物の見方だ。
つまり、ドッグフードは原料偽装の詐欺商品だ。ハイ。
詳細な記述は下段の随想集にある。

 鶏の骨は犬の大好物であり、栄養満点だ。
獣医は、加熱した鶏の骨は喉や胃に刺さって危険だと言うが、真っ赤なウソだ。
それどころか、鶏の骨は犬にとっては百薬の長だ。
免疫力が向上して病気も早く治る。
ブログ「愛犬問題」には、お礼の投稿が多い。
例えば、犬の涙やけはドッグフードによる栄養失調が原因だ。
鶏の手羽先の先を食べさせると治る。
また、鶏の骨をガリガリかみ砕いて食べると歯も綺麗になる。歯磨き効果がある。
  鶏の骨は百薬の長! 愛犬の主食鶏の骨に関する随想集


 関連随想集

 日本製のドッグフードにも保健所で殺処分された犬猫の死体や肥料にさえ出来ない獣脂かすが原料として入っている。
獣脂かすは肥料にもならないので、ドッグフードが獣脂かすの唯一の捨て場所になっている。 
 殺処分犬猫ドッグフ−ド化!告発投稿! 保健所は無実な犬の処刑場

 家畜飼料不向き品がドッグフード原料に 獣脂かすは肥料にさえならない
 
 ドッグフード原料等の偽装表示に関する随想集

 ← トップページへ  ボクの頭をなでてワン!




10月下旬から3月下旬まで咲き続ける珍種のサザンカ ハルサザンカ系混合種 

  

 愛犬の正しい飼い方! 自然流で健康長寿!
      獣医のワクチンや薬剤、避妊去勢は無用!

 数年前の写真集 → ノーリードのパピヨンの写真集
ニックネーム paroowner at 15:44| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする