2017年08月23日

膿皮症も外耳炎もひば油で治る! 獣医のマスマリンローションでは治らない!

多くの獣医には犬の皮膚病は治せない。動物病院は薬効のないインチキ薬剤を売りつけて儲けているだけだ。
その一例を挙げる。
愛犬のゴールデンレトリバー が膿皮症と診断されて1年にもなるが、治癒してないとの投稿があった。
また、その愛犬は外耳炎も併発しているが、獣医はマスマリンローションを処方しているとのこと。マスマリンローションはいかがわしい商品だ。皮膚病は治らない
ブログ「愛犬問題」には多くの愛犬家から同様の投稿が多い。

 マスマリンローションの製造販売会社は吹けば飛ぶような零細企業だ。資本金がわずか4200万円だ。
医薬品の研究開発には膨大な資金が不可欠だ。
たとえ、動物用医薬品であっても零細企業には研究開発する力は無い。研究開発費だけで無く、研究開発する人材も確保できないからだ。

 マスマリンローションの製造販売会社のサイトをのぞいてみた。
やはり、インチキ会社だ。
まるで、大企業の研究設備で研究開発したかのような記述がしてある。
言い換えると、その記述内容は、その会社の社長の頭の中で考えたことを羅列したものだ。つまり、妄想の記述だ。

 例えば、そのマスマリンローションによる治療結果の記述には、アトピー性皮皮膚病や外耳炎が改善したとある。治ったとか、完治したとは書いてない。
皮膚病の多くは細菌や真菌(カビや酵母)による発症だ。
その原因菌を完全に退治しないと、また再発することは医療の常識だ。
そのインチキ会社の社長は医療の基本的な常識さえ知らないか、無視している。

 人用医薬品の開発販売には厚生労働省の厳しい審査があるので、不良医薬品はきわめて少ないが、動物用医薬品には不良医薬品が多い。農林水産省の審査がいい加減だからだ。
例えば、厚生労働省で不認可になった薬剤でも農林水産省では動物用医薬品として認可することが多い。
その実例が 犬用薬剤は獣医の動物用医薬品も市販品も危険がいっぱいだ!にある。

 動物病院で販売している皮膚病治療薬でブログ「愛犬問題」で推奨できる薬剤は無い。獣医界には犬の皮膚病の良い治療薬がないのが実情だ。
だから、多くの動物病院は皮膚病の治療薬として抗生物質とステロイド剤の組み合わせを処方している。
その両薬剤では皮膚病は治らない。それどころか、犬の健康に有害だ。
詳細は最下段の関連随想集にある。

 次の随想のコメント欄に上記のゴールデンレトリバー の皮膚病に関する相談の投稿があった。
狂犬病注射猶予証明書は病弱犬や老犬には必要! 飼い主が申し立て獣医に書いてもらう!費用は注射代と同じ!

 

 膿皮膚症状、外耳炎について     投稿者:bibi さん

こんにちは。

愛犬は ゴールデンレトリバーで6才です。
♂ 1才3ヶ月に去勢してます。
去年の11月に8種混合ワクチン 、今年は1月に狂犬病ワクチンを接種しました。
トリミング(動物病院併設)中にダニがついていると言われ、ネクスガードを4月、6月と飲ませました。
フィラリア薬は6月〜10月まで飲ませました。

去年の夏から今までずっと膿皮症が続いています。

また、外耳炎も治療中です。
マスマリンローションを処方され、1日一回3滴づつ耳に入れてます。

食事は、今年の3月から手作り食に変えました。ドッグフードは与えていません。

去年、ワクチン接種後に食欲、元気がなくなりました。
だから、今年は接種しませんと獣医に伝えたら、毎月のトリミング、シャンプーは出来ませんと言われました。
でも、今後は、ワクチンは一切止めようと思っています。

薬用シャンプーは止めた方が良いんですね?
アドバイスを宜しくお願いいたします。



  返事     投稿者:Paroowner 

 bibiさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

bibiさんは、獣医とはどのような職業であるかを全く理解していませんね。
無知とは実に怖いものです。
盲人蛇を恐れず」と同じですよ。

ブログ「愛犬問題」では、獣医とは次のように言っています。


  獣医とは?
獣医とは犬の病気を治す職業だと思い込んでいる愛犬家が多い。
違う。誤解だ。
獣医とは健康な犬を病気にしてその病気を治すふりしている白衣の詐欺師だ。




 bibiさんの愛犬が病気に悩まされているのは、獣医のせいですよ。
言い換えると、今後は獣医と縁を切れば愛犬の病気は治りますよ
今までに獣医から投与された薬剤などはすべて愛犬には有害なものです。
すべて廃棄してください。

 愛犬の膿皮症も外耳炎もひば油で治ります。
その費用は送料込みで500円です。
そのひば油を水道水で薄めてひば水をご自分で作ってください。そのひば水を愛犬の患部にスプレーすると簡単い治ります。

 ブログ「愛犬問題」のトップページに行って検索窓の「このブログ内」を選んで「ひば水の作り方」で検索すると関連随想が出てきます。

あるいは、「ひば油 膿皮症」、「ひば油、外耳炎」でも検索してみてください。

 ネクスガードはゴキブリも死ぬ猛毒ですよ。
詳細は獣医のネクスガードは犬に有害なノミ・ダニ駆除剤! フロイントラインと同じ神経毒!悪魔の殺虫剤にあります。

 マスマリンローションでは皮膚病は治りませんよ。誇大広告のインチキ商品です。
獣医は自分が儲ければいいので、効き目のない不良薬品も売りつけているのです。

 薬用シャンプーも廃棄してください。
詳細は薬用シャンプーでは皮膚病は治らない! ひば水で治る!にあります。

 愛犬にも人用シャンプーのほうが良いですよ。

 なお、お時間があるときに次の関連随想もご参考にして愛犬の膿皮症と外耳炎を治してください。 
 
 ブログ「愛犬問題」内を「膿皮症 ひば油」で検索すると、次の随想が出て来ます。

 ひば油で皮膚病が治る ! その随想集

 膿皮症(細菌性)、脂漏症(真菌性)を治す ! その随想集

 ひば油で膿皮症も脂漏症も、獣医がいうアトピー性皮膚炎もアレルギー性皮膚病も治る!

 
ひば油で犬の皮膚病が治る! 細菌性膿皮症も真菌性脂漏症も!

  真菌性皮膚病が無水ひば油エタノール溶液で治った!新発見新発明! 動物病院を転々!4年も治らなかった難病!

 犬の皮膚病の原因の分類とその治し方! 殆どの皮膚病はひば油で完治! 避妊去勢犬は困難!

 「外耳炎 ひば油」で検索すると、次の随想が出てきます。

 愛犬の耳が臭い!かゆがる!ひば水で治した! 天然精油のびば油で作った安全な殺菌剤!

 真菌性外耳炎がヒバ水で短期間に治った! 獣医の治療薬ミミピュアは危険な薬剤だ!

 ミミピュアは副作用の強い合成薬剤! 外耳炎は安全で安い天然精油のひば油で治る! 自分で治療!

 耳洗浄剤ノルバサンオチックは有害無用な詐欺商品だ! 外耳炎は洗浄剤では治らないぞ! ひば油で治る!



関連随想集
 
 犬の皮膚病は抗生物質とステロイド剤では治らない! なのに獣医は投薬! 薬に無知蒙昧で無責任な詐欺診療!
 ← トップページへ  ボクの頭をなでてワン!


    
 愛犬の正しい飼い方! 自然流で健康長寿! 獣医のワクチンや薬剤、避妊去勢は無用!

ニックネーム paroowner at 10:30| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

ワクチンの副作用で闘病10年! 12才の愛犬逝く! 獣医不信と悔恨の投稿文!

日本は狂犬病が根絶した清浄国だ。WHO(世界保健機関)も世界各国も認めている。
つまり、世界各国は日本の犬の入国にはワクチン接種証明書を求めてない。
なのに、日本政府は出国する犬にワクチン接種を強要している。理不尽だ。悪政だ。

言い換えると、日本の狂犬病注射制度は科学的にも社会的にも有害無用なワクチンを強要している悪政だ。獣医界や製薬会社が儲けるためだけの理由で、必要性の無いワクチン接種を悪法の狂犬病予防法で強要している。

狂犬病予防法は第二次大戦の終戦後の日本に流行った狂犬病を根絶するために制定された法律だ。
その狂犬病は数年のうちに根絶が確認された。

なのに、いまだに犬にだけは狂犬病ワクチンが強要され続けている。犬にとってだけでなく、社会的にもワクチンは無用だ。日本国内に狂犬病が蔓延することはあり得ないからだ。
イギリス等の狂犬病清浄国はワクチンの接種義務を廃止して久しい。

 再度言う。
狂犬病ワクチンは獣医界などの既得権益団体が儲けるためだけのために犬にだけ強要されている悪魔の薬剤だ。

 言い換えると、日本は世界に例の無い悪政の国だ。世界の清浄国で狂犬病注射制度があるのは日本だけだ。日本の政治・行政は日本獣医師会や製薬会社などの既得権益団体や企業の企業・団体献金で動かされている。
愛犬家やその愛犬にとっては情けない国だ。
多くの日本国民がそのことに気づいてない。日本は民主国家だと信じている国民が多い。

 混合ワクチンも有害無益だ。その感染症で死亡する犬の数よりもワクチンの副作用で死亡している犬の数のほうがはるかに多い。
混合ワクチンで健康な犬毎年1500匹死亡 狂犬病注射で三千匹! 悪魔の獣医の所業だ!

 アメリカの全27の獣医大学はワクチンは有害だと公表している。
詳細は次の随想にある。
ワクチンは有害と米国全獣医大学が認めた! 米国はワクチンに関するプロトコルを変更!


 次の随想のコメント欄に狂犬病ワクチンと混合ワクチンを接種した愛犬が10年ほども闘病生活をした後で12才で亡くなったと悔恨の投稿があった。
日本獣医界の詐欺商売の犠牲にされたのだ。

混合ワクチンで老後に難病発症! 皮膚病・てんかん・逆くしゃみ症候群! 飼い主の無知と悔恨の長文!

 

 ワクチンの薬害で愛犬が亡くなりました!   投稿者:3匹の犬さん

 こんにちは。
いつもお世話になっております。

先日、12歳のジャックラッセルテリア♀が亡くなりました。
穏やかな最期でした。
死ぬ数日前から食欲は落ちましたが、最後まで鶏の手羽を食べてくれたし、歯も歯石がなく綺麗でした。
この「愛犬問題」ブログに出会わなければ、いろんな病気が多発していたかもと思うと
本当に感謝しかありません。

3匹の中でこの亡くなった子が一番、ワクチンなど投薬をした子だったのもあってか、小さい時から、アレルギーもちで、エサ選びも大変でした。

晩年は、皮膚が荒れて脱毛したり、体にイボがよくできるようになりました。
脱毛のところは、ひば油をスプレーをしたりしてました。
(乾燥した部分はヒバ油の油分のおかげかカサカサがおさまってました)

 愛犬は晩年は病院に連れて行来ませんでした。
亡くなった直後は、病院に連れて行けばよかったのか…?と罪悪感が湧きかけましたが、
病院に行けば何かしらの病名を付けられて手術か投薬だったと思うと、連れて行かなくて本当に良かったと思いました。

最期まで歩いてくれたし、決まったところでトイレをしてくれたし、噛む力はスゴイと思いました。
(歴代の犬たちの最期は、ふやかしたドッグフードを食べ、オネショ、脱糞だったので…)

この子の死で、改めて、病院には行くまい!と思いました。

ブログ「愛犬問題」の記事を読んで、動物病院には行かない決心ができました。
そのお礼の投稿をしました。
本当にありがとうございました。
まだ、亡くなった子を思い出しては泣けちゃいますが、最善を尽くせました。
残念なのは、獣医という職業が信じられなくなったことです。
今後ともこちらのブログをバイブル代わりに、生活していきたいと思います。



 3匹の犬さん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

獣医の薬剤の被害を多く受けた愛犬が12才で亡くなりましたか。
ご冥福を祈ります。

ブログ「愛犬問題」の犬の正しい飼い方に習って、愛犬の晩年には鶏の骨を食べさせましたか。
歯は歯石もなく綺麗でしたか。鶏の骨の歯磨き効果ですね。

最期にも動物病院には行きませんでしたか。
最良の臨終です。
つまり、延命治療は人にとっても犬にとっても苦悶苦痛の押し売りなのです。
医者や獣医が儲けるだけのことですよ。
詳細は次の随想にあります。
延命治療は苦悶苦痛の押し売り!過剰診療! 人も犬も安らかな自然死が天の恩恵だ!

 なお、3匹の犬さんの今回のご投稿文は貴重です。
多くの愛犬家のご参考になります。
そこで、お願いがあります。

 愛犬が獣医の薬剤などでどのような被害を受けて、いかに苦しんだかを、さらに詳細にお知らせできませんか。
ブログ「愛犬問題」の本文に採用掲載して、多くの愛犬家のご参考に供します。

よろしくお願いします。

 

 Paroownerさん、こんにちは。

お返事ありがとうございます。
ご質問についてそれぞれ、記載させていただきます。

 鶏の骨は電子レンジで加熱して食べさせました。

愛犬たちは野菜も好きだったので、その時々に安い野菜もゆでて一緒に食べさせました。
玉ねぎ・ジャガイモ・ニンジン・青菜などです。

 ブログ「愛犬問題」の上記の「延命治療は過剰診療」の記事を読んでいたので、愛犬の最期にも動物病院には行くまいと思い直しました。

 愛犬に投与した薬剤名などは覚えていないので詳しくかけないのですが、思い起こしながら大まかなことを書きます。

亡くなった愛犬はペットショップで購入しました。
そのため混合ワクチンは接種済みでした。
3,4歳くらいまでは混合ワクチンを毎年打っておりました。
フィラリア薬も夏場だけ投与しました。
このころは動物病院に頼ってしまい、良く行っていた時期でもありました。

 愛犬は2、3歳頃から皮膚を良く掻くようになり、それを掻き壊し、患部は脱毛し、血まみれにもなりました。
動物病院で塗り薬と飲み薬をもらいました。
長期間後に皮膚は落ち着き脱毛も直りました。

 6歳の時、海外に連れて行くために、税関のルールでワクチンを連続接種を余儀なくされました。狂犬病3回・混合ワクチン1回

この時に、再び皮膚に出来物ができやすくなりました。おできみたいなのがボコボコにできました。
さらに、イボみたいなのが肉球にできました。そのせいで、愛犬は歩行できなくなりました。
私がその出来物をつぶしたりして処置しました。

滞在先の国でのワクチン接種を止め、フィラリア対策は蚊取り線香などで対策しました。

 9歳で日本へ帰国しなければならず、再びワクチンを連続投与を余儀なくされる。狂犬病3回・混合ワクチン1回

 帰国後、ブログ「愛犬問題」に出会い、手羽先を与え、ひば油で蚊対策をはじめました。
その後は動物病院には行ってません
愛犬の便の状態も常によく、耳掃除もひば油を使ってからは、耳掃除はほとんどしなくなりました。

歯石も手羽先で取れるので、歯磨きはしたことなかったです。
歯磨きするのがバカバカしくなるくらい、歯がきれいでいてくれたので、口臭もなかったです。

 しかし、晩年は、謎の出来物が口の中や皮膚にでき始めました。ニキビみたいなものでした。押すと潰れ無くなってました。
愛犬は何か体に不調があると、出来物がでる体質だったのかもしれませんね。

そして、急に脱毛がはじまり皮膚の乾燥が始まりました。耳の先は脱毛と乾燥で、形がいびつになり始めました。
痒がるわけでもないので、ひば油で作ったひば水をスプレーして様子を見ていました。
毛が抜けたところは最後は産毛のような感じで生えましたが、元には戻りませんでした。

皮膚の乾燥は、ひば油だけあって、油分があったおかげか、粉吹き芋のような乾燥は収まってくれたので、ひば水を良く吹きかけていました。
ひば油は良い香りなので、芳香剤代わりに良くトイレシーツや、布団に吹きかけていました。

 亡くなった愛犬は何かの病気だったかもしれないけれど、動物病院に行くと延命はできてもチューブにつながれて苦しむ姿を見るほうがつらいです。
12歳は短命かもしれないけれど、ホントウに穏やかな顔で寝ているような状態で亡くなったことは私にとって本当に良かったと思いました。

ブログ「愛犬問題」にもっと早く巡り会えていたらとの思いはありますが、愛犬は手羽先とひば油の恩恵を受けたと感謝しております。

他に元気な愛犬が二匹おりますので、今後ともよろしくお願いします。



 3匹の犬さん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

 愛犬がいろんな皮膚病を頻発した原因は狂犬病ワクチンや混合ワクチンの接種が原因です。
愛犬は長年皮膚病に悩まされつづけましたが、不幸中の幸いだったのです。
ワクチン接種で10分以内に急死する犬も多いのです。アナフィラキシーショック死と言います。「愛犬問題」のトップページに行って、キーワード検索の「このブログ内」を選んで「アナフィラキシー」で検索すると関連随想が出てきます。

 ワクチンが原因の皮膚病の実例を幾つか挙げます。
 
 ワクチン接種で皮膚病になる犬が多いぞ! ステロイド多用で皮膚病の クッシング症候群

 狂犬病と混合ワクチンで10年間も皮膚病と癲癇! 接種中止で毛がふさふさに生え、発作も無くなった!

 ワクチン接種で難病の皮膚病になる! 獣医の告白! アジュバンド中の有機水銀等が原因!

 アトピー性皮膚病の原因は避妊去勢手術とワクチン接種だ! 日本の獣医界は隠蔽!

 ワクチン接種でいろんな難病のワクチン症候群に! 全身の皮膚病や脱毛症にも!

 混合ワクチンで老後に難病発症! 皮膚病・てんかん・逆くしゃみ症候群! 飼い主の無知と悔恨の長文!

 ワクチン注射が原因の難病の皮膚病! 小型犬ほど被害甚大! 鶏の骨と市販抗ヒスタミン剤で治す!

 狂犬病ワクチン注射には怖い副作用がある! ショック死、てんかん、癌 、皮膚病など多数

 狂犬病注射で血管炎! 難病の虚血性皮膚病に! 米国獣医学の学術論文を紹介

 その他多数
「愛犬問題」のトップページに行って、キーワード検索の「このブログ内」を選んで「ワクチン 皮膚病」で検索すると沢山の実例を記述した随想が出てきます。

 獣医はワクチンの副作用で犬が皮膚病になることを隠蔽しています。
 白衣の悪魔の詐欺商売ですよ。ハイ。


 

 関連随想集

 鶏の骨は百薬の長 愛犬の主食鶏の骨に関する随想集! 

 ひば油は天然のノミ蚊ダニ忌避剤で殺菌・殺カビ剤だ! 皮膚病も治る! その随想集

 狂犬病、混合ワクチンで毎年4500匹死亡!



 狂犬病注射有害無用論の随想集

  混合ワクチン有害無用論  



 ← トップページへ  ボクの頭をなでてワン!




    
 愛犬の正しい飼い方! 自然流で健康長寿! 獣医のワクチンや薬剤、避妊去勢は無用!
ニックネーム paroowner at 12:28| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

獣医と縁を切った!ドッグフードを止めた! 鶏の骨は百薬の長!諸病が治って元気溌剌!

ブログ「愛犬問題」が犬に鶏の骨の食事を勧めて12年になる。
当時は犬に鶏の骨を食べさせている飼い主はネット上には一人もいなかった。
唖然としたものだ。詳細は次の随想にある。
愛犬は加熱した鶏の骨が大好きだ!! 歯磨きにもなるぞ!
現在は「犬 鶏の骨」で検索すると有害の虚説に混じって有益な記事が出る。

「犬 手羽先」で検索すると、トップに有益な記事が出る。
元来肉食動物である犬にとっては鶏の骨は有益な食べ物であることが世の中に浸透しつつある。
言い換えると、獣医界やドッグフード業界が垂れ流している犬鶏骨有害の虚説に騙されない愛犬家が増えている。愛犬たちとその飼い主にとっては良いことだ。
栄養満点の鶏の骨を食べて、愛犬たちが心身ともに健康になる。

 次の随想のコメント欄に鶏の骨の食事の効用獣医の不正診療に関する反省の投稿があった。
その全文を採用掲載する。多くの愛犬家のご参考になれば幸いだ。 
都議選で安部傲慢隠蔽政治に鉄槌を! 獣医学部新設はお友だちの加計理事長への利益供与の悪政だ!

 

    動物病院と縁を切って・・    投稿者:Non Lee さん

私の周りには不健康な犬が余りにも多過ぎます。
この異常事態に、何故今まで気づかずに居たのか、洗脳とは恐ろしいものだとつくづく実感しております。

獣医は犬を不健康にし、殺さず生命だけは維持させて、医療費をむしり取るといった、極悪非道な悪魔の諸行を行っています!!

ブログ「愛犬問題」に出会う以前の私の愛犬達も、ネットに良く相談が寄せられている病は、一通り経験しました。

皮膚病、慢性の下痢、食糞、関節炎、逆くしゃみ、慢性の咳、分離不安症、その他色々あり過ぎて覚えきれません。

ブログ「愛犬問題」に巡り会え、ドッグフードを一切やめ、動物病院と縁を切って、ブログ「愛犬問題」に書いてある通りにしてから全ての病から解放されて、みるみる幸せそうな顔つきになって行く愛犬達を日々目の当たりにし、世の中に流布している情報がいかにいい加減で嘘八百かを思い知りました。

私はもういい歳のおばちゃんなので、少しは世間も知っておりますし、結婚前は10年程、警察官として勤務し、一般の方よりかは、数々の極悪非道な犯罪も目の当たりに見てきたはずなのに、愛犬の事となると冷静さを失い、獣医に頼りきり、言いなりとなっておりましたので、獣医が、犬が大好きな善良市民を騙し、金ズルにするぐらい、朝飯前なのでしょう。

そんな悪に無償で一人立ち向かうparoowner様の正義感に共感し、私の得意とする大阪のおばちゃんの口コミパワーで日々ブログ「愛犬問題」を広める活動をしております。

すでに、近所の愛犬家仲間の犬7匹程が、私の様に数々の病から解放され、みるみる健康を取り戻しております(*^_^*)
おかげで、毎日近所のスーパーで手羽先の先争奪戦が繰り広げられておりますが、私達は、それを楽しんでおります。

私はparoowner様の様に、ブログで広く周知する能力も知識もありませんが、私に出来る範囲で、コツコツ一人一人ですが、洗脳から解き放つ活動を続けます!

私の活動は全てブログ「愛犬問題」が、道しるべですので、これからも末永く、ご指南ご指導の程、宜しくお願いします。



    投稿者:Paroowner

 Non Leeさんへ、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

ブログ「愛犬問題」では、獣医について次のように言い続けています。


 獣医とは?
獣医とは犬の病気を治す職業だと思い込んでいる愛犬家が多い。
違う。誤解だ。
獣医とは健康な犬を病気にして、その病気を治すふりしている白衣の詐欺師だ。




 言い換えると、ご指摘のように
「皮膚病、慢性の下痢、食糞、関節炎、逆くしゃみ、慢性の咳、分離不安症、その他色々」の病気やトラブルは獣医の間違いだらけの診療や薬剤の結果なのです。
獣医と付き合えば付き合うほど犬は健康被害を受けたり、最悪の場合には命さえ奪われます。
その事実に多くの愛犬家が気づいてないのです。
無知とは怖いですね。
盲人蛇を怖じず」ですよね。

動物病院にはできるだけ近づかないとことが肝要です。
君子危うきに近寄らず」です。

私が住んでいる西東京市では数年以上前から手羽先の先は入手困難です。
ブログ「愛犬問題」で手羽先の先の効能をブログ「愛犬問題」で公表したからです。直ぐに売り切れになるとのことです。
やむを得ないので、普通の手羽先や手羽元を愛犬のパロに食べさせています。



     Non Lee さん

 paroowner様こんにちは(*^_^*)

最近、ブログ「愛犬問題」のおかげで愛犬達が健康そのものです。悩みが全くございません。
近所中のワンちゃん達も健康になりつつあります。嬉しい限りです!
徒歩10秒の所(隣)にある私の実家でも、現在、ドーベルマンとシェパード合わせて4匹の犬がおりますが、健康そのもので、我が家の小型犬2匹と遊び回り、毎日鶏の骨を皆でバリバリ楽しそうにかじっております。

初めて鶏の骨を与える方は、本当に大丈夫なのか心配と言う意見をたまに聞きますが、我が家の小型犬は、小さく切った手羽先の先があるにも関わらず、大型犬にやる肉が付いたままの手羽元を盗み取り、バリバリ食しております。
そのおかげで、毛並みも艶々になりました。
痛そうに引きずっていた関節炎も完治しました。
夏バテなんて全く関係なく元気溌剌です。
手羽元をバリバリ食べるムービーを撮ってあるので、近所中で見せております。

 実家の両親もブログ「愛犬問題」の愛読者です。
毎週の更新を楽しみにしております。もちろん、私の主人も子供もブログ「愛犬問題」の大ファンです!

 私の主人は現役の警察官です。
現役の警察官が「躾の出来た犬のノーリドは取り締まりの対象ではない。」と言うと説得力があるらしく、皆安心してノーリドを楽しんでおります。
また、次のようにも言っておりました。

「狂犬病注射も国が定めているから受けないといけないと思っている人がいるが、愛犬に注射を受けさせない権利、国民として主張する権利がある。
人の所有物に対して何か強制執行する時は、裁判で判決が下らなければならない。
しかし、裁判など起こせば、狂犬病注射の悪法にぶら下がる利権や既得権益や企業献金などの悪行の数々を暴露する人が現れる事を恐れ、今まで裁判を起こされた人など一人も過去に例がない。もちろん保健所に強制力もない。

と近所の愛犬家に言っておりました。
ブログ「愛犬問題」と同じような内容ですね。
最近、私の100倍喋り達者な母もブログ「愛犬問題」を広める私の活動に参加し始めました。
大型犬4匹を引き連れてブログ「愛犬問題」を広める母は、私よりもパワフルで啓蒙活動を楽しんでおります。


 
     Paroowner さん

Non Leeさんへ、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

 「大型犬4匹を引き連れて愛犬問題を広める母は、私よりもパワフルで、啓蒙活動を楽しんでおります。」ですか。
楽しみながら啓蒙活動ができるのは、大阪という良い土地柄のせいでしょうね。

関東は、徳川家康の三猿主義思想の悪影響が強く残っていて、お上には楯突かないことが美徳ようにはびこっています。
病膏肓に入る」ような感じの人が多いです。
救いようのない人たちだと思うことが多いです。




     Non Lee さん

 paroowner様こんにちは(*^_^*)

このコメント欄に沖縄の名菓ちんすこうの事が書いてありますね。
私も無性に食べたくなり、早速お取り寄せしました(*^_^*)
愛犬達と一緒に食べたいと思います。

沖縄料理のラフテーはコラーゲンたっぷりで美容に良いので、良く作り、愛犬達と一緒に食べております。

ドッグフードを一切置かなくなってから、愛犬達がみるみる健康体になっていく姿を目の当たりに見て来ました。

ドッグフードを与えていた時は病気がちで体も弱く、食に興味がなかった愛犬達が、現在は私が台所に立つと、しっぽをぶんぶん振って、楽しそうに見学しております。
 
 煮干しも大好きです。袋を見せただけで目をキラキラさせて催促してきます。

ブログ「愛犬問題」に出会っていなければ、愛犬達のこんな姿を見る事が出来なかったかと思うと、自分の頭で考える事の大切さを実感します。
ブログ「愛犬問題」に書いてある通りにしてから、愛犬達が毎日楽しそうな事が何よりです(*^_^*)
犬も毎日楽しいと分離不安症も完治するのですね。

私のようにブログ「愛犬問題」のおかげで国家ぐるみの愛犬家の洗脳から目覚め、愛犬と幸せに暮らす人が一人でも増えるように大阪のおばちゃんの口コミパワーでブログ「愛犬問題」を日々広めて行きますので、末永く健康でブログを続けて下さい(*^_^*)
 
 

      Paroowner さん


 Non Leeさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

犬には人の食べ物が最高の食べ物です。
人の食べ物で犬に害になる食べ物は何ひとつありません。
犬は歴史上人と共生し、人の食べ物と同じ物を食べて繁栄している特殊な動物です。
チョコレートタマネギも有益な食べ物です。
塩分は犬にも必須不可欠なミネラルです。
人も犬も心臓は塩分で自律運動をしているのです。

 一方、ドッグフードは60年ほど前に日本でも販売されるようになった商品です。今では詐欺商品に成り下がっています。
つまり、栄養分の少ない”ゴミの塊"です。
それだけを食べさせている愛犬たちはいろんな健康被害を受けています。
例えば、涙やけは栄養失調が原因です。鶏の骨とひば水で治ります。
詳細は最下段の関連随想集にあります。

今回のご投稿内容はその被害の一例を指摘しています。
多くの愛犬家にご参考になる内容なのでブログ「愛犬問題」の本文に採用掲載します。
よろしくご了承ください。
 


    もじった短歌一首

 歴史上の大盗賊の石川五右衛門の辞世の短歌は
「石川や浜の真砂は尽きるとも世に盗人の種は尽きまじ」だ。

  それをもじって

 獣医界浜の真砂は尽きるとも詐欺商売の種は尽きまじ

 獣医を信じるのは「泥棒に鍵を預ける」ようなものだ。
 愛犬の健康と長寿を願うには物事をご自分の頭で考えることが最も大切だ。



 関連随想集
 
 獣医界の五大詐欺商法!犬の天敵の悪業! 狂犬病注射と避妊去勢手術は特に有害だ!

 犬用薬剤は獣医の動物用医薬品も市販品も危険がいっぱい! その随想集

  鶏の骨は百薬の長! 愛犬の主食鶏の骨に関する随想集!

 犬にも塩分は必須不可欠だ! その随想集

 煮干しの選び方! 背中がくの字に曲がったいりこは最高品質! 犬にも人用煮干しを! 減塩煮干しは偽装商品!

 愛犬はチョコレートが大好きだ!その随想集

 タマネギは犬にも有益無害な食材だ!その随想集

 ドッグフードの原料等の偽装表示

  分離不安症留守番に関する随想集

  涙やけを鶏の骨の食事で治す! その随想集

  関節炎を鶏の骨の食事で治す! その随想集

 ← トップページへ  ボクの頭をなでてワン!




    
 愛犬の正しい飼い方! 自然流で健康長寿! 獣医のワクチンや薬剤、避妊去勢は無用!
ニックネーム paroowner at 08:30| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする