2017年04月30日

大阪にはノーリード天国が広がりつつある! 大阪人気質と東京人気質! 三猿主義思想の影響の濃淡!

日本全国の警察は犬のノーリードを取り締まりの対象とはしてない。
公園などでのノーリードを取り締まって罰金を科す法律も条例もないからだ。

犬の係留(リード)については法律ではなく、各都道府県の条例に規定されている。その内容はほとんど同じだ。その一例として大阪府の条例をあげる。
大阪府動物の愛護及び管理に関する条例
その条例に犬は係留(リード)して飼うように規定してある。
しかし、それにはいろんな例外規定がある。
 たとえば、その条例第四条二項に「人の生命、身体又は財産に害を加えるおそれのない場所又は方法で飼い犬を訓練し、若しくは移動し、又は運動させるとき。」とある。

 つまり、公園は「人の生命、身体又は財産に害を加えるおそれのない場所」だ。
その公園で「飼い犬を訓練し、若しくは移動し、又は運動させ」ても良いということだ。

 愛犬のパロのノーリードに関する写真集をご参考までに御覧ください。
ノーリードで遊ぶ愛犬と街の警官の写真集

 愛犬のパピヨンのパロが街でも公園でもノーリードだと知った大阪の愛犬家がノーリードの会を作り、大阪城公園で楽しく実践していることはブログ「愛犬問題」の随想ですでに紹介した。
ノーリードの大阪城公園! 禁止の東京の公園! 大阪人気質と三猿主義思想の強い東京人気質

 今回の随想では大阪の難波宮跡公園でもノーリードで愛犬たちが喜んで走り回り、その飼い主たちも幸せを満喫していることをご紹介する。
次の随想のコメント欄に大阪城公園ノーリードの会の発起人から喜びの投稿があた。
てんかんの根本原因は避妊去勢手術とワクチン接種! メラミン入りドッグフードが発症の引き金に!   

 

 すでに難波宮跡公園でもノーリード!      投稿者:Non Lee さん

ブログ愛犬問題を通して、幸せなワンちゃんたちが増えて行く事が嬉しくてなりません。我が家の愛犬達も、お陰様で毎日健康そのもの元気いっぱい走り回っております。ブログ愛犬問題を知る以前の不健康さを思い出すと、別の犬かと思えるぐらい健康です。

愛犬たちは鶏の手羽各種で栄養が満たされると、心も満たされて、聞き分けの良い賢い子達へとレベルアップ致しました。

大坂城公園ノーリードの会もすこぶる順調です。
本日は、大坂城公園から10分程歩いた所にある難波宮跡公園にもノーリードを浸透させようと行ってみました。

そこで私が見たものはびっくり仰天の光景です。
なんと、そこは既にノーリード天国ではありませんか!!!!!
天気の良い日曜日だったと言う事もあり、沢山のワンちゃんたちがノーリードでボール遊びをしたり、走り回っているではないですか!!

人に吠えたり飛びかかって行くしつけの出来ていないワンちゃん達は少数匹ですが、リードを付けられておりましたが、リードをしているほうが、不自然なかんじでした。

目を疑う素晴らしい光景に、これは報告しなければと思い、書き込みさせて頂きました。

大阪と言うお土地柄は、数々不名誉な事で、ワーストワンを死守し続けているという事を、以前に書き込みしましたが、ここ難波宮跡公園でも、バーベキュー禁止と書いてある看板の側でバーベキューをしていたり、ゴルフの練習をしていたり(一応、人の居ない場所にボールを打ってはいるのですが。。。)やりたい放題の国民性が幸いして、ノーリードなんて、私が広めなくても既に広がっている模様です(*^_^*)

そして、大阪人は、人様にいちゃもんでも付けようもんなら、100倍以上いちゃもんで返されると言う事を熟知しておりますので、人様の悪行にいちいち注意などしないのです。
超利己主義な大阪は犬を飼うのに向いているお土地柄かもしれませんよ(*^_^*)



 返事1    投稿者:Paroowner  
   
  Non Leeさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

このご投稿は貴重は情報です。
大坂城公園ノーリードの会もすこぶる順調です。大坂城公園から10分程歩いた所にある難波宮跡公園」でもノーリードが広まっていましたか。
大坂城公園ノーリードの会の活動を見た愛犬家たちがご自宅の近くにある公園でノーリードを始めたのでしょうね。
良いことですね。

 一言でいうと、愛犬達にとっては東京よりも大阪のほうが住みよい土地柄だということですよね。 
 日本人気質と言っても大阪と東京では全く違うのですね。
大阪人気質は、ご自分の生活を基にしてご自分の頭で物事の是非、良否を考えているようですね。良いことです。

 一方、東京人気質は、「見ざる、聞かざる、言わざる」の三猿思想の影響を強く受けて、お上の言うことに従順に従うことが良いことだと思い込まされていますね。

私のように世の中の権威の裏の部分にも目を向け、批判的な考えを公表する人は東京人気質ではないのです。権威には迎合するのが東京人気質です。

 大阪がますます好きになりました。
ご自分の頭で考えてご自分の行動を決める生き方は良い生き方ですよね。
少なくとも愛犬たちにとっては東京よりも大阪のほうが良いことは今回のノーリードのことではっきりしましたね。

    補足1 

 ブログ訪問者の便宜のために三猿主義思想に関する上記の前回の随想の一部を転載します。

 徳川家康の三猿主義の思想は日本国民の批判精神や独創力、改革力を委縮させていることを多くの教育者が理解してない。
つまり、お上や上長の言うことに反することは悪いことだと教え込んでいる。
一種のオカルト宗教だ。お上や上長は神のように正しく、間違いのないことをしているというのだ。果たして、そうか。政治家には悪人はいないというのか。
教師は皆善人ばかりだというのか。

 三猿主義思想とは「見ざる、聞かざる、言わざる」の「三ざる」のことだ。
日光東照宮にその三猿の彫刻があるのは周知だ。
生き物の大切な器官である目を塞ぎ、耳を塞ぎ、口を塞いでいる木の彫刻がある。
武家社会の掟を定めたものだ。
悪いものは見てはいけない、悪いことを聞いてはいけない、悪いことを言ってはいけないという教えだ。
その教えでいう悪いものとは一体なんだ。それが大問題だ。
それが大問題だと理解してない国民が多すぎるから大問題なのだ。

 三猿主義思想は日本国民の批判精神を委縮している。
引いては、国民の創造力や改革力も低下させている。
既成事実に拘泥して豊かな発想を伸びのびと自由にすることができない人が多い。


 犬の飼い方一つをとっても、多くの愛犬家は世の中に広まっている間違った飼い方をしている。誰もその間違いを指弾しないし、正しい飼い方を公表してない。
犬に関する自称専門家も三猿主義思想の信奉者であったり、真贋を見極める洞察力がない人が圧倒的に多い。



  補足2

この投稿者のNon Leeさんは三猿主義思想について次のように投稿してきている。



私は、先祖代々生粋の大阪人ですが、大阪人は、「見たい、聞きたい、言いたい」という国民性です。
言いたいだけでは物足りず、話し100倍に面白ろ可笑しくし、言いふらしたいと言う気質です。
だから、徳川家康も大阪で「見ざる、聞かざる、言わざる」の教えを問うていたら、袋叩きにされていたでしょうね。

権力を振りかざす役人だろうが、条例だろうが、法律だろうが、自分達に都合の悪い事は、訳のわからない難癖を付けて歯向かうのが、大阪人気質です。



 東京は徳川家康が開いた武家社会の流れを色濃く受け継いでいる。
武家社会は藩や家のためなら自分の命までも差し出すのが美徳とされていた。
大義や国のためなら個人は犠牲にする全体主義に陥る怖さを秘めている。
その全体主義は一億総玉砕を唱えた軍閥により第二次世界大戦の悲劇を招いた史実がある。

 一方、大阪は豊臣秀吉が重視した商人社会の流れを色濃く受け継いでいる。
金儲けに懸命になる同時に自分の生活を最優先させる傾向が強い。
つまり、個人が第一だ。全体主義の思想は浸透しにくい。

 日本人として東京人気質が良いか、大阪人気質が良いか。
犬にとっては大阪人気質の人に飼われた方が幸せであることは確かだ。ハイ。

 蛇足

 昨日、築地市場の豊洲移転問題に関する石原慎太郎元東京都知事の単独記者会見があった(2017.03.03)。NHKはじめ、多くの民放局が放映した。
東京都政の無責任体質にあきれ返った。石原都政は腐りきっていたのだ。
石原元知事は「私は素人なので、部下に任せていた。物事を決めたのは部下であり、私には責任がない。」と平然と言っていた。
契約書には知事の印鑑を押してあるから、知事の責任ではないですかとの記者の質問に「部下が勝手に印鑑を使った」とのこと。

 上司は、自分の責任を部下に押し付け、部下は上司に物を言わない体質が東京都庁にはびこり、まかり通っていたなら、恐ろしいほどの無責任行政だ。

 言い換えると、東京都庁は三猿主義の思想に汚染されている。
部下は知事のすることに関して「見ざる、聞かざる、言わざる」を決め込んでいる。知事の意向に沿うように、あるいは、その意向に逆らわないように仕事をしている。自分では事の是非や善悪を判断しない。批判精神が欠如している。
小役人三猿症候群という一種の精神疾患だ。

 一方、石原元知事は部下に責任転嫁をしている。何百億円の大金が絡む契約書について、最高責任者だった元知事は自分には責任がないと主張している。
責任を擦り付けられた元部下は、その契約時には既に退職している。
つまり、石原元知事はウソをついている。悪質な卑怯者だ。
石原無責任症候群という新しい精神疾患の病名が生まれてもおかしくない。
権力者のそのような精神疾患の症状は、一般的には『傲慢症候群』というとのこと。

 知事の責任、上司の責任とは何かを理解してない輩が偉そうに大きな顔をしていると、世の中は住みづらくなるだけだ。
小池現知事には都庁を徹底的に掃除して改革してもらいたいものだ。

  国や都道府県だけでなく、どの組織でも三猿主義思想が蔓延すると、東京都政みたいな無責任な腐った組織になる。

 追加補足 2017/03/24 
  
森友学園のアッキード事件安倍晋三総理の傲慢症候群が根底にあると指摘している精神科医がいる。
国有地を8億円も安くして1億円程度で払い下げたのは、財務官僚が総理の意向を忖度して起こした国有地不当安価払い下げ事件だとのこと。

 大阪城公園ノーリードの会を中心にして、大阪で犬の正しい飼い方を広めようとする愛犬家の活動が始まった。大いに良いことだ。飼い主だけでなく、愛犬達が幸せな一生を送れることになる。

 次の随想のコメント欄にブログ「愛犬問題」の犬の正しい飼い方をコピーして大阪の愛犬家に配布しても良いかとの問い合わせの投稿があった。快諾した。
てんかんの根本原因は避妊去勢手術とワクチン接種! メラミン入りドッグフードが発症の引き金に!

 ブログ「愛犬問題」は犬の幸せのためにあるブログだ。
言い換えると、金儲けのためのブログではない。
著作権もフリーだ。ネット上での引用転載も自由だ。
ただし、引用転載する各随想にリンクをつけてくださいとお願いしている。
その理由はブログ「愛犬問題」の考えを愛犬家の皆さんに正しくご理解していただくためだ。


 
 愛犬の正しい飼い方を呼びかけます!          Non Lee さん

ブログ「愛犬問題」の記事をプリントアウトし、各シチュエーション毎のマニュアルファイルを作成しております。

例えば、

「ノーリードを注意された時」

「鶏の骨を与えてはいけないと信じている人に遭遇した時」

「フィラリア予防をすすめられた時」

「狂犬病ワクチン接種を拒否し続け、役所の人が訪問してきた時」

「狂犬病ワクチン接種を拒否したら、罰金を取ると言われた時」

等々、シチュエーション毎にブログ愛犬問題の記事で役に立ちそうな記事をファイルしております。

ノーリードも未だ注意された事はありませんが、誰か注意してはくれないかと、待ちわびております。

ワクチン接種の裏にはびこる悪行を暴露しまくりたいので、ワクチン接種拒否で訴えてはくれないかと待ちわびております。

準備万端です!!!

 世の中に広くびこる悪行が表沙汰になってはいけないので、愛犬家の私たちを訴えてくる事はありそうもないですが、自分自身の勉強の為にありそうもないシチュエーションを想定し、楽しくファイルしております。

 愛犬家の正しい飼い方のマニュアル本として、愛犬家仲間に無料配布しようと思っております。
その際には、勿論、記事の出所は全てブログ「愛犬問題」であることを明確に記載致します (*^_^*)



 Non Leeさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

世の中に不正がなくなり、愛犬達が健康で長生きできるようになることは望ましいことですね。
その実現のために愛犬家が行動を起こすことは良いことです。
いや、多くの愛犬家が行動を起こす必要があります。
愛犬たちの住んでいる世界はあまりにも理不尽な世界です。
白衣の詐欺師が白昼堂々と愛犬家を騙す詐欺商売をしているのです。


 ブログ「愛犬問題」は著作権フリーです。
大いに活用していただくと嬉しいです。 



 関連随想集

 ノーリード禁止の法的根拠を示せ!小役人!

犬は「公園の管理上支障がある」動物か!? 小役人は独裁権で公園犬禁止もできる!?

愛犬は街でも公園でもノーリード! 随想集!

 ← トップページへ  ボクの頭をなでてワン!


ニックネーム paroowner at 09:41| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。