2017年09月18日

故意の誤診!風邪の犬に虚偽処方!嘔吐頻発で病状悪化! 気管支拡張剤テオフィリンと関節炎鎮痛剤メタカムと尿路殺菌剤エンロクリア

獣医は故意に過誤診療や不正診療をして有害不要な薬剤を愛犬家に騙し売りして儲けている。
大きな動物病院だから信用できると安易に考えないほうが良い。
獣医界は白衣の詐欺師の巨大集団だ。
大きな動物病院は、平気で過誤処方や過剰投薬をして不当に儲けて動物病院を大きくしてきたと考えるほうが賢明だ。

 公園を散歩しているときに愛犬が元気が無く、足もふらついていたので、だっこして帰宅した。肌に触れたら熱があった。
風邪だと思い、急いで動物病院に連れて行った。
処方された薬の服用で嘔吐を繰り返し、病状が悪化した。

 急いでネットを検索した。処方された薬は怖い薬だと書いたブログ「愛犬問題」の記事が出てきた。
獣医の診療で、かえって病状が悪化した愛犬にどう対処した方が良いかアドバイスをしてほしいとの投稿が次の随想のコメント欄にあった。
獣医と縁を切った!ドッグフードを止めた! 鶏の骨は百薬の長!諸病が治って元気溌剌!
長文で応答回数も多いので、その主要部をわかりやすく短くまとめて転載する。

 
               
 獣医の薬で嘔吐を繰り返し、瀕死状態に! 投稿者:イブママさん

 始めまして、こんにちは〜
先週月曜日に公園で散歩していたら愛犬が後ろ足をふらつき、元気が無いにに気付来ました。帰りは抱っこして家に戻リました。熱もあることに気づきました。
夕方の6時頃です。帰宅後直ぐに動物病院に電話しました。

 7時頃に獣医に診察してもらいました。
獣医は、レントゲン写真を見て、薄っすらの影があるから、軽い肺炎だろうと言っていました。
獣医が聴診器で胸の音を聴いた時に少し音がするので、気管支炎だと言うことでした。
血液検査では白血球の数値が悪く出ているとのことでした。
肝臓や腎臓の検査結果は正常とのことでした。

 注射2本と点滴をされました。
薬は8日分の3種類を持ち帰りました。
テオフィリン、メタカム、エンロクリアです。

 でも、家に帰る途中、車中で1回目の嘔吐しました。
注射の中身は教えてもらっていません。
帰宅した後も夜中1時過ぎまでに3回嘔吐しました。
病状が受診前よりも悪化しました。

 その後も嘔吐を繰り返し、ぐったりしたり、呼吸も荒くなることもありました。
丸三日間殆ど何も食べずに寝たきりになりました。

 薬を飲んで2、3時間すると吐くのです。
びっくりする位のヨダレも出ていました。
嘔吐と異常なヨダレの原因を獣医に聞いても回答はありませんでした。
獣医から愛犬は白血球がかなり増えていると言われていたので、安易に薬を止めることが出来ませんでした。

 獣医に処方された薬についてネットで調べて見ました。
すると、怖い薬だと注意喚起されている気管支拡張剤が処方されていました。
テオフィリンです。
この薬の副作用で愛犬を亡くした方のブログを見つけて読み、断薬しました。

 それ以外の薬は、関節炎鎮痛剤のメタカムと抗菌剤のエンロクリアです。
薬が怖くなり、ネット検索を続けてブログ「愛犬問題」に辿り着きました。
メタカムで3回嘔吐との記述に私の常識が覆させられました。

 愛犬の状況は以上のような経緯です。
大きな動物病院の処方です。その通り薬を飲ませたほうが良いかどうか悩んでいます。
薬は8日分出てましたが、テオフィリンは1日半、それ以外は4日目で私の判断で止めました

 アドバイスを宜しくお願い致します。

 なお、ブログ「愛犬問題」には鶏の骨の食事を勧めています。
愛犬にも食べさせて、早く元気を取り戻したいです。
病気療養中の犬に鶏の骨をどのように食べさせたら良いか、注意事項を教えていただだくとありがたいです。


     投稿者:Paroowner


 テオフィリンは気管支拡張剤です。怖い薬剤です。
嘔吐などの副作用の強い薬剤です。

 メタカムは関節炎用の鎮痛剤です
同じく嘔吐などの副作用で多くの犬が薬害を受けています。
詳細は下段の関連随想集にあります。

 エンクロリアは尿路感染症用の殺菌剤です。
大腸菌等の殺菌にも効果があります。細菌性の下痢には薬効があるでしょうね。
ただし、愛犬が単なる風邪なら、殺菌剤のエンクロリアは不要です。
その副作用で有害なだけです。

 愛犬は単なる風邪でしょうね。
上記三つの薬は風邪には有害無用な薬です。副作用のきわめて強い怖い薬ですよ。
すべて廃棄した方が良いですね。

 言い換えると、獣医が儲けるために処方している悪魔の薬です。
その薬の投与で愛犬の病状を更に悪化させて、その治療を続けて儲け続けようとしているのですよ。白衣の詐欺師の詐欺商売です。ハイ。

 なお、手羽先は犬の大好物なので、喜んで食べます。
しかし、人も犬も美味しいものをいきなり沢山食べると、消化不良などを起こします。
2〜3日は食べさせる手羽先の量は、愛犬の様子を見ながら、調節してください。
何日かたって食べ慣れたら食べ放題でも良いです。

 

     投稿者:イブママさん
 
お返事ありがとうございます。
やはり、怖い薬だったのですね。
月曜から水曜の晩に、ささ身が食べれるまでは,このまま衰弱して死んでしまうんじゃないかと、不安で不安でたまりませんでした。
夜も寝れずに、愛犬のそばにいて体をさ擦りながら見守るしかありませんでした(泣)。
お水だけは2時間に1度は飲ませ、抱いてオシッコをさせに庭にだしてました。

もう、薬は飲ませたくありません。
もう、薬や注射は怖くて嫌です。

 肺炎治療薬は必要が無かったような気がします。咳は全くありませでした
後ろ足のふらつきがあったことは獣医に告げましたが、私は発熱によるふらつきだと思いました。
愛犬は関節が悪いのでは無いと思います。
足も痛がってませんでした。

 テオフィリンを朝晩飲んでいた時は、呼吸が早いのと、ほっぺたの両内側に空気を溜めてはくような呼吸をしていました。辛そうでした。
薬を止めると、そのようなことはなくなりました。

愛犬は具合が悪かったとはいえ、咳も無かったですし...
そのような危険な薬を飲む必要があったのでしょうか
とても流行っている大きな病院でした。
事故が無いのが不思議です。隠しているのでしょうか。

 メタカムに関する記事を検索して読みました。
怖いと同時に、愛犬に何故特殊な関節炎の薬が必要なのでしょうか。
まるで実験台にでもされてる気がしてなりません。

 愛犬は、この10年間病気らしい病気はしたことがありません。
でも、ずっとドックフードだったことと、ワクチン接種にフィラリア薬、病気しなかったことが奇跡ですね。

 もっと早く、このブログ「愛犬問題」に出会いたかったです。
これを機会に、ドックフードやワクチン、フィラリア薬を断ちます。

 今回の動物病院の不正診療のことは、とても勉強になりました。
私自身も浅はかな飼い主だったと、猛省しています。
獣医の薬はすべて止めました。
因みに今朝は、嘔吐はありませんでした。

鶏の骨を今朝も食べました。
凄く元気ですよ︎
少しの間、骨は細かく切って食べさせます。

昨日早速ひば油も注文しました。

Paroownerさんに回復良好と言って貰えて嬉しいです。
今晩はゆっくり寝れそうです。
おやすみなさい。



  補足です    投稿者:Paroowner

 メタカム(商品名)はメロキシカム(化学名)が成分です。
変形性膝関節症という特殊な関節炎の消炎鎮痛剤として販売されている動物用医薬品です。
つまり、膝関節のクッションの役目を果たす膝軟骨や半月板が変形して痛くなる関節症です。特殊な関節症です。

 テオフィリン特殊な咳の気管支拡張剤です。
風邪に効く薬では無いのです。
嘔吐などのいろんな副作用がある怖い薬剤です。

 獣医がメタカムとテオフィリンを処方した理由が私には理解が出来ません。
何でもいいから、飼い主に薬を売りつけて儲けたいという理由なら、その獣医は詐欺師ですね。
獣医の薬剤は危険きわまるものが多いですよ。

 大きな動物病院だから信用できるとは考えないほうが良いです。
逆に詐欺商売で儲けて大きくなった動物病院だと考えることも出来ますよね。
イブママさんは、その大きな動物病院の獣医に騙されて有害無用な薬剤を売りつけられています。悪質な詐欺商売です。

 獣医は薬を売りつけることしか考えてないのです。
愛犬が健康を害したり、死亡してもいいと思っているのです。
獣医とは白衣の詐欺師であり、犬の天敵の悪魔ですよ。
君子危うきに近寄らず」ですね。

 言い換えると、イブママさんの投稿文は多くの愛犬家にとっては貴重な情報です。
ブログ「愛犬問題」の本文に採用掲載して、多くの愛犬家のご参考に供したいと思っています。
よろしくご了解ください。

 

 歴史上の大盗賊の石川五右衛門の辞世の短歌は
「石川や浜の真砂は尽きるとも世に盗人の種は尽きまじ」だ。

  それをもじって

 獣医界浜の真砂は尽きるとも詐欺商売の種は尽きまじ
 獣医を信じるのは「泥棒に鍵を預ける」ようなものだ。
 愛犬の健康と長寿を願うには物事をご自分の頭で考えることが最も大切だ。



 関連随想集
 

 獣医のメタカムで3回嘔吐! 足・腰を痛めた時は愛犬にも市販鎮痛剤を!

 鶏の骨は百薬の長 愛犬の主食鶏の骨に関する随想集!

 ひば油は天然のノミ蚊ダニ忌避剤で殺菌・殺カビ剤だ! 皮膚病も治る! その随想集 



 ← トップページへ  ボクの頭をなでてワン!

    
 愛犬の正しい飼い方! 自然流で健康長寿! 獣医のワクチンや薬剤、避妊去勢は無用!

ニックネーム paroowner at 14:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

てんかんが鶏の骨の食事だけで治ったとお礼の投稿! 手羽先は百薬の長! 獣医の各種てんかん治療薬を混合した大量投与は愚行で有害!

獣医は薬の副作用の怖さに無知蒙昧だ。
てんかんの治療に各種のてんかん治療薬を幾つも同時に多量投与している。
悪魔の処方だ。
てんかんは治るどころか、ますます悪化することは当たり前だ。

 そのてんかん治療薬をすべて止めて、手羽先の食事だけでてんかんを治した実例をご紹介する。
 ただし、その投稿内容は長文の上に間違っている情報も混在しているので、その主要部だけを簡潔にご紹介する。

 獣医は犬のてんかんを治すのにいろんなてんかん治療薬を同時に大量に処方している。
医薬品の副作用の怖さを知らない輩の悪魔の処方だ。
実際に獣医が処方して、騙された飼い主が投与した実例を示す。

この飼い主の愛犬の場合は、てんかんの発症原因は狂犬病ワクチン、混合ワクチン、フィラリア薬、ノミ・ダニ駆除剤の投与だ。
特に狂犬病ワクチンと混合ワクチンが主因だ。
犬のてんかんの発症原因はワクチン接種が原因であることは欧米では広く知られている。詳細は下段の関連随想集にある。

 ブログ「愛犬問題」の愛読者の場合、愛犬のてんかんの原因はワクチン接種だ。
その接種を止めて、鶏の手羽先を主食にするとてんかんが治ることを実証した。
まさに鶏の骨は犬にとっては百薬の長だ。

 犬のてんかんの治療薬

 フェノバルビタール

 犬の治療薬として昔から広く用いられている薬はフェノバルビタールだ。商品名はフェのバールという。鎮静作用や催眠作用もある。
その催眠作用を悪用して、アメリカの保健所では犬の毒殺剤として広く使われている。
そのフェノバルビタールは犬の体内では分解されにくいので、その毒殺された犬がドッグフードの原料として使われて、そのドッグフードを食べた犬が健康障害を起こしたことが社会問題になったことがある。
また、副作用が強い薬剤なので、てんかんの治療薬としても長期の連用は避けなければならない怖い薬剤だ。
利点は、昔から広く使われているので安価であることだ。

 ゾニサミド

サルファ剤だ。つまり、硫黄を分子内に含んでいる。神経作用のある薬剤だ。
比較的新しく発売された薬剤だ。
だから、高価だ。つまり、獣医にとっては販売利益の大きい薬剤だ。
金儲け最優先の獣医が好んで処方する薬剤だ。

製薬会社や獣医は副作用の少ない薬だと宣伝しているが、信用しないほうが良い。
ネット上には、その副作用が沢山記述されている。怖い薬剤だ。

 デパゲン

脳神経の興奮を抑える薬剤だ。人の抗てんかん薬としても発売されている。
ただし、他の薬と飲み合わせると相互作用を起こして副作用が増大する。
てんかんが治るのではなく、もっとひどくなる。逆作用がある。
つまり、他のいろんな薬との配合禁忌(きんき)の薬剤だ。

 獣医は、犬のてんかんが治らないからと言って、上記三つの薬剤を配合した処方をしている。
医薬品の怖さに無知蒙昧な輩の悪魔の処方だ。カネの亡者の悪行だ。

 上記愛犬家のてんかんを頻発した犬には次のように処方している。

 その犬を診察した最初の1〜3週間は
  ゾニサミドを毎日2錠。

  ゾニサミドではてんかんの発作が治まらないので、

 4〜6週目は
  フェノバルビタールを2錠追加。
  つまり、毎日4錠を処方している。

 7〜8週目は
  フェノバルビタールを更に2錠追加。
  つまり、毎日6錠を処方している。

ゾニサミドとフェノバルビタールではてんかんの発作が治まらないので、
 
 9週目には

 デパゲンも2錠追加している。
 つまり、毎日 8錠を処方している。 

 その後は、飼い主のほうが獣医の処方が怖くなり、愛犬への投与を中止している。
 その後、ネット検索でブログ「愛犬問題」に巡り会って、愛犬のてんかんを鶏の手羽先の食事だけで完治させた。

 上記の処方をした獣医は薬の怖さに無知蒙昧だ。
てんかんの治療に各種のてんかん治療薬を幾つも同時に多量投与している。
てんかんは治るどころか、ますます悪化することは当たり前だ。
 
 獣医が処方したてんかん治療薬の投与を止めて、手羽先の食事だけで愛犬のてんかんを完治させた飼い主の投稿が次の随想のコメント欄にある。
育犬ノイローゼを簡単に治した飼い主の実話 お礼の投稿! ケージを解放し室内自由に! ドッグフードを止め手羽先を主食に! 人も犬も「衣食足りて礼節を知る」

  

 お礼! 酷いてんかんが治りました!    投稿者:ジャックのママ さん

愛犬のジャックのてんかんが始まったのは、3才過ぎに受けた7種の混合ワクチンの接種をした時からです。初めててんかん発作が起きました。
最初は声も音も出さずに倒れて手足をバタつかせるだけでした。
その後に狂犬病ワクチンの予防接種をしました。
そしてんかんの発作が強くあらわになりました。

日に日に発作はひどくなり1ヶ月あまりでほぼ寝たきりの状態ななりました。
てんかんを検索しまくり、その頃にこちらに巡り会えました(^-^)。
ドッグフードをやめ、手羽先をあげて他にも栄養がありそうなものは色々あげました。
しかし、薬は飲ませ続けました

動けないジャックが寝たきりのまま手羽先はバリバリ食べるのに薬は嫌がり、逃げようとします。
なのに、無理矢理飲ませ続けました

愛犬は、歯を食い縛り、泡をふき、糞尿を垂れ流し、壁に頭を何度も打ち付け、手足をバタバタさせてゼーゼ、いつ心臓発作を起こしてもおかしくない息づかいでした。
愛犬が頭を打ち付けないように布団でバリゲードをつくり押さえることで精一杯です。主人と二人ががりです。映画の実験動物がゾンビのよう出した。

でも、薬はやめてはいけない。ネットにはそんな記事しか出てこないのです。

その時は、てんかん薬は一日8錠処方されていました。

てんかんの薬は人間の物と同じです。そしてその量は成人男子でも倒れて救急車で運ばれてもおかしくない量です。薬害です。
私は愛犬の死を感じました。
好きな物を食べさせて死なせてあげようと覚悟をきめました。
翌日からは1錠の薬ものませませんでした。

 手羽先は食べ放題です。
そうしたら、翌日一度、発作を起こしましたが、それっきりピタリとてんかん発作が収まったのです。
そのあとは一度も起きていません。
もちろん、主食は手羽先と肉色々と、かさまし(* ̄∇ ̄*)に玄米と白米のブレンドご飯です。人間と同じです。元気一杯で病気の前よりもずっとこりこうさんです。
愛犬は脳障害も、記憶障害も、体の障害も何も起きていません。

Paroowner様のご要望があったので文章にまとめてみました。
私自身悪い夢を見ていたような感じですので、書きながら悲しいことも思い出すことも多々あります。多くの愛犬家のご参考になればと願っています。
ご質問があればお答えします。
よろしくお願いします。

 

 ジャックのママさんへ、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

良い投稿内容です。
愛犬は獣医の薬剤でてんかんを発症したのですよ。
狂犬病ワクチン、混合ワクチン、フィラリア薬、ノミ・ダニ駆除剤の投与がてんかんの発症原因です。
特にワクチン接種が主因です。
欧米ではワクチン症候群の一つとしててんかんも知られています。
詳細は下段の関連随想集にあります。

ご投稿文は、ブログ「愛犬問題」の本文に採用掲載して多くの愛犬家にお知らせします。
獣医の薬剤は危険きわまるものだと注意喚起するためです。

 なお、医薬品はある特定の病気の治療薬の場合、単品で投与するように配合されているのです。
なのに、そのバカ獣医は、幾つもの薬を混ぜて同時に投与しています。
配合禁忌」という専門用語があります。
薬をむやみに混ぜると、死ぬことも多いと言うことです。

その動物病院には二度と行ってはいけませんよね。
獣医は自分が儲けるためには他人が可愛がっている犬を平気で薬害死させている動物病院だと言うことです。ハイ。



 補足

医食同源という言葉がある。正しくは食薬同源だ。
健康を維持し、病気を治すには食が主で薬は従だ。
正しい食事は人も犬も心身ともに健康にする。
人も含め、自然界の生きとし生ける物の摂理だ。

 詳細は下段の関連随想集にある。



 関連随想集
 
 てんかんの原因はワクチンや避妊・去勢! 鶏の骨の食事で治す! その随想集

 食薬同源!健康長寿の根源は食が主で薬は従! 免疫力! 野生動物は自然治癒力で天寿!

 鶏の骨は百薬の長! 愛犬の主食鶏の骨に関する随想集!

 涙やけを鶏の骨の食事で治す! その随想集

 ← トップページへ  ボクの頭をなでてワン!




    
 愛犬の正しい飼い方! 自然流で健康長寿! 獣医のワクチンや薬剤、避妊去勢は無用!
ニックネーム paroowner at 00:19| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

育犬ノイローゼを簡単に治した飼い主の実話 お礼の投稿! ケージを解放し室内自由に! ドッグフードを止め手羽先を主食に! 人も犬も「衣食足りて礼節を知る」

幼犬をケージ内で飼うのを止めて、鶏の手羽先を主食にしたら、愛犬は直ぐに元気溌剌になった。飼い主は一気に育犬ノイローゼから解放された。
その事実を世の中の多くのノイローゼ罹患者に知らせてほしいとの強い要望があった。その投稿文の主要部を後段に引用転載してある。

 「育犬ノイローゼ」でbingを検索したら、約7万件でた。ビックリ。
その記事を読んで二度ビックリ。ウソやでたらめな記述の羅列だ。
始めて犬を飼う飼い主が、そのウソやでたらめな記事に騙されて育犬ノイローゼにされている。ひどすぎる。悪質な詐欺商売だ。

 ケージ幼犬の空間的な自由を奪うだけでなく、心の自由も奪って、飼い主への不信感を抱かせる。

 ドッグフードゴミの塊だ。美味しくない上に栄養分が不足している。
幼犬は食べたがらない。
人も犬も美味しいものを食べて、良い住居で暮らしていると幸せになる。
衣食足りて礼節を知る」は人も犬も同じだ。

 幼犬をケージから解放して室内で自由に遊ばせ、大好物の手羽先を主食にすると、幼犬はその日から元気溌剌になる。
その目の輝きや振る舞いを見ていると、飼い主もその日から育犬ノイローゼが雲散霧消する。
つまり、犬はできるだけ自然のままに飼ったほうが良い。
人工的なものは避けたほうが良い。
ケージもドッグフードもあまりにも人工的な商品だ。
犬にとってはありがた迷惑な有害商品だ。
育犬ノイローゼに悩む飼い主にとっては「百害あって一利なし」だ。

 幼犬をケージやサークル内では飼わない

犬は感情の豊かな生き物だ。甘えん坊だ。
いつでも飼い主と一緒にいたいと願っている。

飼い主のあなたご自身が自由に出入りができない柵のある個室に閉じ込められたら、どんな心境になるか。強い精神的なストレスを受けることを考えてみることが大切だ。

ケージやサークル内で飼うと、幼犬と飼い主との信頼関係が構築しにくい。
反抗的な犬に成長し、将来問題行動をする犬になることもある。
詳細は 幼犬の飼い方は自然な飼い方が最良! 本や雑誌の飼い方は間違いだらけとお礼の投稿!にある。

幼犬には大好物で栄養満点の食事を! 手羽先を!

歴史上、犬は人の食べ残しを食べて繁栄してきた特殊な動物だ。
人工的な動物とみてもいいだろう。
つまり、犬には人の食べ物なら何でも食べさせて良い。

 犬には人の食べ物は何を食べさせても良い! 常識的な量なら何の問題もない!

特に鶏の骨は犬の大好物だ。百薬の長だ。栄養満点で免疫力が向上する。
獣医は加熱した鶏の骨は犬の喉や胃に刺さると言うが、真っ赤な嘘だ。

 幼犬に加熱した鶏の骨付き肉の手作り食事! 安い小さい手羽先や鶏ガラは良い食材だ

 ドッグフードは食べさせない

ドッグフードは農産や畜産業の産業廃棄物が原料だ。
つまり、栄養分が少なく、人の食品に向かないゴミの塊だ。
諺に「飢えた犬は棒を恐れず」とある。
犬は飢えていれば棒で攻撃する人にも反撃する。人も困窮すれば悪事もするという意味だ。
幼犬に毎日毎日美味しくないドッグフードを食べさせると、飼い主不信になるのは当たり前だ。

 愛犬にドッグフードだけを食べさせている飼い主に提案する。
あなたご自身が、夕食分だけでよいから、一度ドッグフードだけで食事を済ましてみてはどうですかね。来る日も来る日もドッグフードだけを食べて、人も犬も心身ともに健康に過ごせると思いますかね。
犬の食事も、食べる幼犬の身になって真剣に考えてみてはどうですかね。

ドッグフードは総合栄養食とは真っ赤なウソだ。
詐欺根性の業者がでっち上げた妄想だ。
  犬にも味付けの良い美味しい食事を! 塩分は必須不可欠! ドッグフードはゴミの塊!

 ドッグフードはゴミの塊! 偽称表示に関する随想集

 幼犬の全般的なしつけ
ブログ訪問者の便宜のために次の随想の幼犬のしつけに関する主要部を転載する。
初めて犬を飼う人がだまされて実行してしまう有害無用な10項目! 育犬ノイローゼ防止策! 目から鱗の正しい犬の飼い方!

 糞尿のしつけ

幼犬時の糞尿はおおめに見て気楽にしつけると良い。
糞尿は自然現象だ。1〜2ヶ月は部屋を汚されることは当たり前だと思うことが肝要だ。
ケージ内で糞尿のしつけをすると幼犬に精神的なストレスを与える。
飼い主への不信感を与えることになる。
幼犬は心身ともに健康な犬にしつけることが肝要だ。
三つ子の魂百まで」という。幼犬も同じだ。
糞尿は風呂場が最適! その随想集

 社会性の豊かな犬にする 

幼犬を選ぶときは人なつこい子犬を選んだほうが良い。
その後は、できるだけ多くの人や犬と接触させるようにする。
公園などでノーリードで自由に遊ばせると良い。
幼犬時のしつけで社会性習得!多くの人や犬と接触! 数百枚の写真集 ワクチンは不要!自然免疫で十分!

 噛まない犬にする

犬に最も多いトラブルで重大なものは傷害事故だ。
成犬になっても噛み癖が残っていると訴訟問題になることもある。
いかなる場合でも噛まない犬にすることが不可欠だ。 
噛まない犬にする! 幼犬に必須のしつけだ !

 無駄吠えをしない犬にする

吠えることは犬の持って生まれた習性だ。犬が犬である由縁だ。
犬は吠えるから歴史上番犬などとして重用されてきた動物だ。
そのことを飼い主が肝に銘じることが大切だ。
犬の習性や本能を強く否定することは幼犬に有害な精神的ストレスを与えかねない。
つまり、愛犬に飼い主を怖がらせてしまっては本末転倒だ。
犬をかわいがる一方、飼い主の心を癒やしてもらうために飼っているのだろう。
素直でおとなしい成犬にしたいなら、ある程度の吠えは認めて妥協することが肝要だ。

 しかし、無闇矢鱈に吠える犬は歓迎できない。
無駄吠えをしたときには、その都度、即座にしかって吠えるのを止めさせると良い。
「即座にしかる」ことが大切だ。言葉だけでしかること。たたいてはいけない。
無駄吠え防止首輪は虐待器具! 無駄吠えや吠え癖は犬の習性を理解して根気よく優しくしつけるのが最良!

 指示命令の言葉(コマンド)は普通の言葉でするほうが良い。
いろんなことに応用が利く。
外国語かぶれのコマンドは犬との会話を阻害する。応用が利かない。
 基本はダメ、マテ、ヨシ
  愛犬のしつけは先ずダメ、マテ、ヨシの日本語で!



 ネット上にある間違った育犬ノイローゼの治し方

 ノイローゼは神経質的な性格を持っている人に起こりやすいものなのです。
育犬ノイローゼも、その根本原因は対人恐怖症やパニック障害などと同様に神経症(不安障害)から来ていますから、子犬を育てる際の不安に対する「とらわれ」が薄れてくることで、少しずつ根本的に改善してくるものなのです。

  批評
育犬ノイローゼは人の精神障害とは全く異なる原因でなっている。
犬の飼い方の本やネット上の間違いだらけの情報に惑わされて、犬の飼い方を間違ってしているだけのことだ。
犬の正しい飼い方をすれば一日二日で完治する。
つまり、間違った飼い方を正しい飼い方に変えると、直ぐに問題が雲散霧消する。
飼い主と愛犬との楽しい共同生活を満喫できる。

  獣医さんに相談し、パピー教室に参加する
獣医さんは病気を診てくれるだけでなく、動物の色んな悩みにアドバイスをしてくれます。
また、ドッグトレーナーによるパピー教室を開催している動物病院も多いので、積極的に参加してみましょう。
同じ悩みを持つ飼い主さんと交流を持つことで気持ちが楽になることもあります。
「一人で悩まない」ことが、大切です。

  批評
育犬ノイローゼの原因は獣医やドッグトレーナーなどの、いわゆるプロが書いてある本やネット記事だ。
その原因を作った人たちの教えを受けると、ますます病膏肓(やまいこうもう)に入る。

 しつけ教室には行かない
ご自分の愛犬はご自分で愛情を持って優しくしつけることが最良のしつけ方だ。
調教師に任せると、愛犬は怖い調教師の指示は聞くが、飼い主の言うことは無視することもある。
犬は飼い主に忠実で賢明な生き物だ。
くりかえし繰り返し優しくしつけると聞き分けの良いお利口さんになる。
 犬のしつけと訓練 その随想集
 次の随想のコメント欄に育犬ノイローゼにかかった飼い主の体験記の投稿があった。詳細な良い内容だ。多くの愛犬家のご参考に供する。
初めて犬を飼う人がだまされて実行してしまう有害無用な10項目! 育犬ノイローゼ防止策! 目から鱗の正しい犬の飼い方!

 

 育犬ノイローゼはウソのネット記事から  投稿者:coromam さん

初めて子犬を飼ったので、犬の飼い方についてネットを検索してみました。

1 食事はドッグフードしか与えない。人の食べ物は塩分 脂肪が多く病気や肥満になります。

2 ケージから出して欲しそうにしても要求に応えたら主導権を握られ、犬が自分がリーダーだと勘違いします。

3 無駄吠えが治らない時はしつけの首輪でショックを与える。

 上記のように、おかしいなと思う事ばかり書いてありました。
どの記事も、それらを子犬期にクリアしていないと成犬になってからでは取り返しがつかない事になり、それが原因で犬を手放す飼い主が後を絶たないと書いていました。

それらの記事の内容は、本当かなとも思いましたが、手のつけられない成犬、病気がちな成犬になっては大変だと思い込むようになりました。

 食事はドッグフードだけでした。
ケージ内で飼いました。ケージから出て飼い主と遊びたそうにしても無視していました。

本当に辛くて悲しい育犬が始まってしまったのです。
しかし、うちの愛犬はドッグフードをどうしても食べてくれませんでした。
丸一日食べないで胃液を吐くほどになるとやっと食べました。その後ほぼ全部をもどしてしまう、を繰り返しました。

ドッグフードが合わないのかと、色々買い足して与えてみてもどれも同じでした。
成長期の大事な時期に、これでは体作りができないと思いました。

そして検索、検索を繰り返しては余計嘘の知識ばかり増えていきました。
アレをしなくては!コレはしてはいけない!とネット情報に振り回されてしまっていました。

今から考えたら、おかしいですが、その時は必死でした。
食事をたくさん食べて元気に大きくなってほしいとの一心でした。

愛犬はお腹が空いた状態が続いているので、朝も夜も無く、せわしなく暴れまわるわ、私の食事の匂いで、欲しがってりクンクン泣かれるわで、犬も私もギリギリでした。

そのように涙する日々が続いていた時でした。
また懲りもせずに 犬、食べ物、美味しいなどのキーワードで検索していると、
ドッグフードはゴミの塊、犬にも人の食べ物、鶏の手羽先が一番というブログにヒットしました。このブログ「愛犬問題」です。

もう、その夜は嬉しくてたまりませんでした。
記事を読み進めたい気持ちを抑えてスーパーの肉売り場に急いで行きました。
手羽先を買いました。
直ぐにレンジでチンして与えると、食が細いと思っていた生後3ヶ月の愛犬大喜びで飛びついて集中してパリパリモリモリ食べたのです!!
もう、あの時のキラキラした目と夢中に食べる姿は本当に嬉しい事でした!
初めて食べる時は骨の端の方だけしか食べませんでしたが、慣れてくると真ん中も、全部完食しました。
食べ終わった後は、マットに顔を満足げにこすりつけて何とも言えない良い表情をするのです。そして、満足げにスヤスヤよく眠るのです。

今までウンチや嘔吐物やオシッコなどの世話で忙しく座る暇もなかった私も時間的に余裕が持てるようになりました。
愛犬もガサツにガサガサしていた性格が穏やかな素直な性格に変わりました。
こうなると、可愛さも増してきてもっと愛情を注いでやりたい気持ちが増えました。
愛犬と信頼関係が少しずつ出来てきました

私は、睡眠不足と幼犬の世話による疲れから、日常の当たり前の事さえわからなくなっていたのです。
自分の頭で考える時間もなかったのですね。本当にしんどかったです。
まさに育犬ノイローゼと言える状態でした。

私の場合は、昔実家で犬を自然な状態で飼っていたおかげで、ネット記事はおかしいな、本当かなと疑問を感じていました。
だから、ブログ「愛犬問題」に出会うことが出来て、その記事内容を直ぐに受け入れることが出来ました。

しかし、本当に初めて幼犬を飼う人はペット・ショップやネット情報を鵜呑みにして幼犬を育て続けるでしょう。何の疑問も持たずに幼犬を飼い続けて、ガサツな犬にしてしまうでしょう。
最悪の場合は、手に負えない犬になってしまい、悲しい結果になると思います。

多くの愛犬家は、まさかネット情報が間違った情報であるとは思いもかけないでしょう。
犬の飼い方が、時代と共に嘘の飼い方にすり替えられているのが現状です。
現に、昔は狂犬病予防接種だけだったのに、混合ワクチンも加わり、3種混合になり、5種混合になり、今日では何と、11種もワクチンがあるんです。

犬だけがそんなに危険なんておかしいです。
猫も、猪もシカも豚もそんなに予防接種しませんよね。
まして室内犬なのに野生の猪よりも病気になる確率が高いなんて本当に馬鹿馬鹿しいです。
どんどん詐欺商売がエスカレートしてきたのですね。
ブログ「愛犬問題」に巡り会えた事で食べ物を手羽先に変えただけで劇的に愛犬との関係性が改善されました。
本当に素晴らしいブログに出会えました。
ありがとうございます。

なお、ネットを検索したところ、育犬ノイローゼという言葉ができるくらい被害者は多いです。
被害者本人は騙されていると気がついてもいないでしょう。
真面目で良い人ほど騙されるでしょうね。

だから、ブログ「愛犬問題」で育犬ノイローゼ問題を取りあげて新しい随想を公開していただくと、多くの飼い主の救いになります。
是非ともよろしくお願いします。



 上記コメント欄と同じ欄に別の愛犬家の投稿があった。
愛犬の飼い方について獣医や本雑誌、ネット記事に騙されて、愛犬に間違った飼い方をして、ひどい目に遭ったとのこと。
獣医が治せなかったてんかんをブログ「愛犬問題」の治療法で治したとのお礼の言葉もある。

 

  そんなバカなexclamation ネット記事にだまされて   投稿者:ジャックのママ さん

以前に、てんかんを治すことが出来て大喜びして、お礼のコメントをさせていただいた者です。

愛犬のジャックはあらゆる駄目な事を繰り返してきました。
去勢、予防接種、フィラリアの薬、ドッグフードのみの食事、その他、その時様々の薬やサプリメント。おやつも全て犬用の物。
最悪ですね。

愛犬が夜泣きすれば、飼い主は頑張ってほっておいて愛犬に構わないようにする。
信じられないかも知れませんが、撫でてもいけない。声もかけない、と。

真面目に書かれているしつけの本が一番有名です。本屋に一番並んでいる本です。
そのまんま実行しました。私は、そうしたバカな飼い主代表です。

冷静になれば、そうなんです。そんなバカなexclamationと思うはずなのです。
しかし、愛犬家こそ、可愛いがゆえにこのバカな話に惑わされるのです。
初めて犬がうちに来る。毎日一緒にいて、一緒に寝て、お出掛けして。期待で一杯です。

でも、それを、購入した瞬間から、ペットショップ、獣医、トリマー、雑誌、ネットに否定されて、これが正しい。と植え付けられるのです。

 このブログ「愛犬問題」に出会えたから、七転八倒のてんかんが治り、ジャックの命は助かりました。

それと同時にどうしてもっと早くブログ「愛犬問題」がヒットしてくれなかったのだろう。とも思いました。
とにかく素晴らしいプログです。
ブログ「愛犬問題」は健康なわんちゃんにも病気のわんちゃんにも役に立つ内容なのです。

だから、ブログ「愛犬問題」がすぐにヒットするようになってほしいと思います。
キーワードを、死なない、元気、毛艶、とか。
病名だけだと、元気なわんちゃんの飼い主さんは検索しないのです。
病気ではない犬の飼い主も検索でヒットするように、気になる単語を入れてみてはどうでしょうか?
一人でも、多くの愛犬家にこのブログが届きますように(^-^)



 愛犬たちの世界は魑魅魍魎(ちみもうりょう)のいろんな妖怪や白衣の悪魔が暗躍している怖い世界だ。ネット上にもその妖怪や悪魔が詐欺商法の虚偽広告をしている。
普通のブログやホームページのような体裁だが、ウソの宣伝広告をしている。

 飼い主が、その詐欺師の宣伝広告に騙されると、飼い主よりもその愛犬のほうが心身の被害が大きい。
 その被害を防止するには、先ず、ご自分の頭で物事を考えることが肝要だ。
そして、知識武装することが不可欠だ。
無知とは怖いものだ。平気で間違ったことをする。「盲人蛇を怖じず」だ。

「愛犬問題」は知識武装のお手伝いをしているブログだ。すべて無償だ。ハイ。


 関連随想集

 犬の分離不安症! かわいがってしつけることが最良の治し方! ネット上には自称専門家の間違いだらけの治療法!

 幼犬のしつけと飼い方 その随想集

 初めて犬を飼う人がだまされて実行してしまう有害無用な10項目! 育犬ノイローゼ防止策! 目から鱗の正しい犬の飼い方!

 てんかんの原因はワクチンや避妊・去勢! 鶏の骨の食事で治す! その随想集

 ← トップページへ  ボクの頭をなでてワン!




    
 愛犬の正しい飼い方! 自然流で健康長寿! 獣医のワクチンや薬剤、避妊去勢は無用!
ニックネーム paroowner at 16:26| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする